1. TOP
  2. 健康カプセルゲンキの時間【ルイボスティーで毛細血管のゴースト化を若返らせる !】

健康カプセルゲンキの時間【ルイボスティーで毛細血管のゴースト化を若返らせる !】

 2017/06/18 美容・健康
この記事は約 7 分で読めます。 3,222 Views
ルイボスティーで毛細血管改善

色々な番組で特集されている毛細血管ですが、忘れた頃に紹介されると「それだけ大事なことなのかな?」って思いますよね。
そうです!実は毛細血管はそれほど大事なものなんです!
今回の健康カプセルゲンキの時間では、毛細血管の状態をゲンキ血管とゴースト血管で比較して
眠り始めの時間や毛細血管にとっての良い運動や悪い運動、毛細血管のゴースト化で起こるリスクから簡単毛細血管チェック法と手軽に毛細血管を若返らせる方法などについて紹介されました。

Sponsored Link

毛細血管のゴースト化

毛細血管のゴースト化
昨年(2016年10月)放送されて大反響だったのが毛細血管について。

毛細血管は全身の血管のうち99%も占めていて、体の隅々まで酸素や栄養を届ける重要な役割をしているとのですが、生活習慣が乱れることなどが原因で毛細血管は消滅してしまうこともあるそうです。

毛細血管がゴースト化して減ってしまうと腎臓病や骨粗しょう症、肝機能障害や動脈硬化といった命にかかわる病気になってしまうこともあるということ。

毛細血管は肌に最も影響があらわれやすい!

毛細血管の基礎クイズとして毛細血管の影響が最もあらわれやすい場所について出題されましたが、
腎臓や肝臓、脳、肌、目の中でも最も毛細血管の影響を受けやすいのが肌だということ。

毛細血管がゴースト化すると酸素や栄養素が肌に届きにくくなるので、コラーゲンを作る機能が低下してしまい、シミやしわ、たるみなど肌に影響が出るようです。

肝臓や腎臓・脳の毛細血管のゴースト化

加齢とともにお酒が弱くなってきたという方は肝臓の毛細血管がゴースト化している可能性もあるとのこと。

また、腎臓の毛細血管がゴースト化すると、血液の浄化機能が低下してしまい、毒性物質が溜まりやすくなってしまうので高尿酸値血症や蛋白尿、高血圧などを引き起こすこともあるそうです。

他にも脳の毛細血管がもろくなってしまうことで認知症やアルツハイマー病につながる可能性もあるとのこと。

ゲンキ毛細血管vsゴースト化毛細血管

8人のゲンキチャレンジャーに参加してもらい、ゲンキな毛細血管とゴースト化の毛細血管の比較をすることに。

  • 奥田さん(女性54歳)
  • 亀田さん(女性53歳)
  • 中村さん(女性50歳)
  • 古木さん(女性54歳)
  • 馬田さん(男性55歳)
  • 小幡さん(男性54歳)
  • 長谷川さん(男性53歳)
  • 水俣さん(男性53歳)

爪床圧迫テストで毛細血管簡単チェック

毛細血管の健康状態を簡単に調べられる方法として
大阪大学大阪大学微生物病研究所の医学博士・高倉伸幸先生が教えてくれたのは爪床圧迫テストでした。

1)5秒間爪の根元を指で押さえます。
爪床圧迫テスト
2)5秒経ったら指を離して難病で赤みが戻るか数えます。

2秒程度で元に戻るのが一般的だそうです。
みなさんはどうですか?

救急医療では2秒以上かかるとかなり心臓が危ない状態だということですが、
毛細血管の状態が悪いと5秒以上たっても戻らないようです。

ゲンキチームのみなさんはすぐに戻るのに対して
ゴーストチームのみなさんは5秒以上かかる方が多いようです。

体温調整で比較

血液は酸素や栄養素の他に熱も運んでいるので毛細血管のゴースト化によって体の末端を暖める機能が衰えて冷え性や免疫力が低下してしまうようです。

そこでこのような実験が行われました。
1)冷水に1分間手を入れて手を冷やします。
2)その後の様子をサーモグラフィーで確認します。

すぐに温度が戻るゲンキチームに比べてゴーストチームのみなさんは温度の戻りが少ないことがわかったようです。

骨密度で比較

毛細血管と骨密度ってなんの関係があるの?と思う方もいるかもしれませんが、
高倉伸幸先生によると骨の中の毛細血管は骨の形成に非常に強い関係があるそうです。
ですから毛細血管のゴースト化が進んでしまうと骨粗しょう症になる可能性もあるとのこと。

大阪府大阪市天神橋みやたけクリニックの宮竹英希先生に骨密度を測ってもらうとゴーストチームの古木さんは骨密度が低く、骨粗しょう症の治療対象の一歩手前だということ。

古木さんは脳に動脈瘤が見られるので1年に1回検査をした方がいいとのこと。

運動習慣で比較

ゲンキチームの運動習慣は?

  • 長谷川さん=週1回のテニスと週1回のプール
  • 小幡さん=営業で1日5km歩く
  • 亀田さん=週1回3時間テニス

ゴーストチームの運動習慣は?

  • 古木さん=一切してない
  • 馬田さん=激しい筋トレ(ダンベルベンチプレス?25kgを10回3セット)
  • 水俣さん=ウォーキング
  • 中村さん=筋トレ&ヨガ

オススメは有酸素運動

ゴーストチームも意外と運動しているようですが、高倉伸幸先生によると過度な運動は活性酸素がたまり血管にダメージを与えてしまうので、
毎日の有酸素運動(20〜30分のウォーキングなど)がオススメだということ。

食生活で比較

ゴーストチームの血液検査結果は?

  • 水俣さん=悪玉コレステロール値が高い
  • 中村さん=悪玉コレステロール値が高い
  • 馬田さん=中性脂肪が高い
古木さん以外は血液に異常ありという結果に。

中村さんは脂っこいものやスイーツが大好きで
水俣さんは飲みに行くと生中10杯
古木さんは朝食をとらず、昼食はお菓子
馬田さんはご飯食べてからのパン、ラーメンにパンをつけて食べるなどゴーストチームの食生活には問題がありそうです…

対するゲンキチームの食生活は
肉・魚・野菜を献立の中に1つずつ入れる
3食きっちり食べ、たまにカップ麺を食べるときは生野菜も一緒に
ということです。

睡眠で比較

毎日6時間以上寝ている方という質問にゲンキチームは全員でゴーストチームは0人。
夜中の0時前に寝ている方という質問にもゲンキチームは全員でゴーストチームは0人。

キレイに分かれましたね^^;

睡眠は体内時計と関係していて体内時計によって体はホルモンを出しつつ血管を整えるので修復する時間をしっかり与えないと血管が回復されないということ。

ルイボスティーで毛細血管を若返らせる!

ルイボスティーで毛細血管を若返らせる
生活習慣を見直すことによって毛細血管を若返らせることは可能ということですが、
高倉伸幸先生によるとルイボスティーが毛細血管に良いということが最近わかってきたそうです。

・主治医が見つかる診療所でも紹介されていましたね^^

ルイボスティーとは南アフリカでのみ収穫される茶葉で、ルイボスティーのエキスには毛細血管にある成分「Tie2(タイツー)」を活性化し、血管と血管の細胞をくっつけたり、細胞の周りの壁細胞を接着させて血管の構造を安定させるという効果が期待できるそうです!

まとめ

前回毛細血管年齢が40歳と診断された渡辺満里奈さんですが、ルイボスティーとシナモン習慣を続けた結果、毛細血管は25歳(実年齢46歳)という結果に!
やっぱりルイボスティーって毛細血管には良いのかもしれませんね。

・毛細血管についての人気記事はこちら

・夏はすぐそこ特集★
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

ルイボスティーで毛細血管改善

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アットベリーは口コミで効果が評判な黒ずみケアクリーム

  • ホンマでっかTV【2017年下半期はメロン肩やティースジュエリーが流行る!?】

  • バイクローンの審査に通らないならおすすめは低金利にこだわりすぎないこと!

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

関連記事

  • 腸を知って身体のお悩み解決SP【夏老け解消ココナッツヨーグルトドリンクの作り方レシピ】

  • その原因、Xにあり【足のむくみ対策巻き肩改善ストレッチ】

  • 産後の抜け毛対策シャンプーランキング【市販より専用のススメ】

  • カミソリ負けの原因と治す方法!

  • 医療脱毛【銀座で安いレーザー脱毛7選★口コミで人気なのは?】

  • ガッテン【冷え症改善血管のばしと危険な変動血圧を見分ける方法】