1. TOP
  2. 健康カプセルゲンキの時間【糖尿病予防に食物繊維?ミルクティー超音波検査ですい臓がん発見?】

健康カプセルゲンキの時間【糖尿病予防に食物繊維?ミルクティー超音波検査ですい臓がん発見?】

 2016/11/13 美容・健康
この記事は約 6 分で読めます。 915 Views
食物繊維で血糖値コントロール

明日11月14日は世界糖尿病デーなんだそうです。
糖尿病といっても、糖尿病そのものが問題なのではなく、網膜症や神経障害やえそ、腎症などといった合併症を引き起こしたり、様々な成人病の引き金になってしまうことが問題なんですよね。
そこで健康カプセルゲンキの時間では新時代の糖尿病対策として「食べて血糖値コントロール」のススメが紹介されました。

Sponsored Link

糖尿病

糖尿病人口
世界の糖尿病人口は4.2億人以上だと言われ、
日本人でも5人に1人が糖尿病か糖尿病予備軍と言われているようです。
健康診断では血糖値が高いと診断されても痛くも痒くもないため放置しがちですよね。

食べて血糖値コントロール

古代の食事にヒントがある

食文化史研究家の永山久夫さんによると、転機は2つあると言います。

縄文時代の食事

縄文時代の食事

縄文時代に食べていたのはニンニク、鶏肉、里芋の塩茹で、栗など。
鶏肉は主食に近い形で食べていたようです。
この時代は、食生活が不安定だったので飢餓に備えるホルモンがたくさん生み出されていたと考えられるようです。
この飢餓に備えるホルモンのおかげで少ない食料から多くのエネルギーや糖を体の中に溜め込むシステムができたようです。

弥生時代の食事

弥生時代の食事
弥生時代に食べていたのは、玄米、ごぼうを煮たもの、イワシなど。
永山久夫さんによると農耕が始まってお米を作るようになったのが第一の転機とのこと。

お米を主食化することによって、糖質を摂取するようになったため、飢餓に備えるホルモンの必要性は低下していったようです。

飢餓に備えるホルモンの必要性が低下しているのにエネルギーや糖を取りすぎているということが現代の食生活のヒントになりそうですね。

明治時代の食事

明治時代の食事
明治時代から食べられるようになったのはグラタンやビフテキ、コロッケ。
これが第二の転機、食の欧米化です。
脂と肉をどんどん取り入れる食べ方になっています。

東京医科歯科大学・小田原雅人先生によると、食の西洋化はインスリンをたくさん必要とする脂の多い食生活になったのですが、問題は体内のシステムは昔のまま変わっていないということ。

インスリン

インスリン
取りすぎたものをなかったことにしてくれるのがインスリン。
インスリンは、すい臓から分泌されて血糖値を下げてくれる唯一のホルモン。

そしてインスリンの量とタイミングがポイントになるようです。
インスリンをタイムリーに出し、少量でも効果があるように出してあげることが大事だということになります。

インスリンのスイッチ

小田原雅人先生によると、腸の中にインスリンのスイッチがあるということなのですが、
小腸や大腸の下にあるスイッチが押されることによってインスリンを分泌するように働きかけるホルモンが出てくれるそうなのです。

このことによって、血糖値が上がりきる前タイムリーにインスリンが出るため血糖値の上昇がゆるやかになり、すい臓をいたわることもでき、糖尿病予防や改善にも役立つようです。

そしてどうしたらインスリンのスイッチが押されるのか?ということです、
腸内細菌のバランスを整えることでインスリンのスイッチが押されやすくなるそうです。
そのためには食物繊維を多くとることが大事。

血糖値コントロールのカギは食物繊維

血糖値コントロールのカギは食物繊維
食べて血糖値をコントロールするとは食物繊維を多くとるということになります。

食物繊維を一口目に食べることで血糖値の上昇がゆるやかになります。
よく噛むことによって満腹感が得られるため食べ過ぎ予防になります。

食物繊維の量は?

食物繊維の量
食物繊維を多くとることでインスリンのスイッチが押されるとのことですが、
1日の野菜摂取目標は350g以上に、キノコ海藻類をプラスするのがオススメだそうです。

酢の物や加熱してカサを減らしたりするのもいいようですが、

やっぱり多過ぎてこんなに毎日野菜をとれないなという方には
400g以上のフルーツや野菜を補えて食物繊維をたっぷり・美味しくとることができるフルーツ青汁もオススメです。
>>野菜や酵素がたっぷり手軽に取れるフルーツ青汁

糖尿病とすい臓の関係

糖尿病とすい臓の関係
がん診断時の進行度(ステージ)の割合を見てみると
比較的軽い第1ステージの場合、胃がんは63%に対してすい臓がんはたった11.2%しかないのです。
そしてそれに対して最も重い第4ステージで見つかる確率は43.4%もあるのです。

つまりすい臓がんは早期発見が難しいガンとも言えるとのこと。

ミルクティー超音波検査ですい臓がん発見?

大阪府立成人病センターの片山和宏先生によると患者さんにミルクティーを飲んでもらうとすい臓がよく見えるということです。
胃をミルクティーで満たしてあげることによって胃の空気がなくなって、すい臓まで超音波が届くというのがその理由です。

市販のミルクティーを300ml飲むとすい臓がよく見えるように…
ミルクティーを300ml飲むとすい臓がよく見えるように

すい臓がん発見率ですが、
早期のステージ0と1で見つかる確率は全体の2%なのに対し、
大阪府立成人病センターのミルクティー超音波検査では50%〜60%の発見率なんです。

ただ、通常の健康診断では空腹で行うためミルクティーを用いての検査は難しいとのこと。

すい臓病の再生医療

東京大学分子細胞生物学研究所の宮島篤先生によると、肝臓やすい臓の再生医療の研究を研究所で行なっているということです。
すい臓は再生しないので臓器移植に頼るしかなかったのですが、iPS細胞を培養し、インスリンを生み出す細胞の塊を作ることに成功。
このインスリンを生み出す細胞の塊を1ヶ月かけて大量培養し、すい臓の機能を落として糖尿病にしたサルの体内に移植したところ、血糖値は正常値に戻ったそうです。

すい臓ガンのサイン

  • 血糖値のコントロールが急に悪くなった
  • 急に糖尿病になった
  • 飲酒・喫煙の習慣がある
これらに当てはまる方は最低一年に一回検査を心がけてください。

まとめ

糖尿病だけのお話かと思ったら糖尿病からすい臓がんへのつながりまでも紹介されて、ちょっと驚かれた方もいるかもしれません。
ただ、難しく考える必要はなく、番組の最後で三宅裕司さんもおっしゃっていましたが、「とにかく野菜を食べることだけ考えておけばいい」ということに尽きますよね。

ただ、やっぱり毎日野菜をとれるかどうか不安だという方には>>フルーツ青汁などで手軽に続けやすい形で摂取することもオススメします。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

食物繊維で血糖値コントロール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 銀座カラーの予約方法【全身脱毛の口コミから店舗情報まで】

  • 林先生が驚く初耳学【一晩で目が大きくなるナイトアイボーテと目を大きくする体操 】

  • 全身永久脱毛が早い安い【料金と効果で選ぶサロン&クリニックランキング】

  • 健康カプセルゲンキの時間【天気痛改善耳マッサージと携帯アプリ頭痛ーる 】

関連記事

  • 世界一受けたい授業【口内フローラ乱さないパタカラ体操と緑茶ぶくぶくのやり方】

  • ホンマでっかTV【秋の健康診断で肺がん・寿命・脳老化・腰痛・ひざ・緑内障チェック】

  • 沖縄のおもろまちで脱毛したい人にはこの3つのサロンがおすすめ!

  • 主治医が見つかる診療所【内臓型冷え症解消1日10分間全身入浴法】

  • ダイエット総選挙2017【ODB12がMCTオイル・8時間・餃子ダイエットで-20kg超え!】

  • 脱毛を博多駅周辺で【安い全身脱毛サロン・医療永久脱毛・男性ヒゲ脱毛をご紹介!】