1. TOP
  2. 麻疹予防は妊娠前になぜワクチン接種が必要なの?

麻疹予防は妊娠前になぜワクチン接種が必要なの?

妊娠
この記事は約 5 分で読めます。 303 Views
妊娠前にはしかのワクチンが必要な理由

麻疹は妊娠中にかかったりすると、せっかく授かった小さな命を危険にさらす可能性が大きいという事です。
ワクチン接種を妊娠前に予防接種しておけば、とりあえず安心できます。
今、妊娠中の妊婦さんはワクチン接種が出来ないんです。流産や早産で大切な命を危険にさらす訳にはいきませんからね。
なぜ麻疹のワクチン接種を妊娠前に受けとくべきなのか、ここで紹介していきます。

Sponsored Link

なぜ麻疹は妊娠前にワクチン接種するの?

なぜ麻疹は妊娠前にワクチン接種するの?
妊娠中に麻疹にかかると、流産や早産を起こしやすくなるからです。

せっかく授かった命を母親が麻疹のワクチン接種を受けていれば未然に防げる可能性が高くなるんです。

ワクチンを打つことで、ウイルス抗体を持つことが出来ます。この抗体があればかかりにくいといわれています。
まずは妊娠前に麻疹の予防接種を受けておけば、妊娠したと解っても安心して過ごすことが出来ます。

現在10代から20代の年齢の方々は麻疹のワクチン接種を受けていると思うので、一安心ですが、中には受けていないという方もいるかもしれません。

これから結婚予定している皆さんも早めに麻疹のワクチン接種受けていたかどうか、確かめておく必要がありますね。
抗体検査は保険適用じゃない場合が多いので5,000円+初診料などがかかってしまい、かなりの出費になってしまいますが、受けて得られる安心の方がメリット大きいですよ。

抗体検査をしてみてワクチンを受けていなければ(抗体がなければ)、至急、麻疹のワクチン接種を予約して済ませておいた方が良いと思います。

麻疹は空気感染するので、麻疹ウイルスに対して免疫があれば感染は免れます。
怖いのは潜伏期間が10日程あるので、麻疹と解った時には免疫がなければウイルスと闘うことが出来ないので、重くなることが多いようです。

妊婦だけではなく、お腹のお子さんの事も考えて、安心安全な妊娠・出産を迎えてもらいたいんです。
全部が全部、流産や早産するとは限りませんが、これから親となる意味での第1歩は、まず麻疹のワクチン接種から始めてみたらどうでしょう。

麻疹ってそんなに怖い病気なの?

麻疹ってそんなに怖い病気なの?

SONY DSC

麻疹から合併症を引き起こす可能性があります。肺炎や中耳炎、心筋炎など、中でも怖いのは脳炎にもまれにかかる人がいるそうです。

普通に麻疹にかかっても麻疹そのものが辛い病気です。最悪なのは、いつ麻疹にかかったのか、わかりにくいのが特徴だからです。

それは麻疹は空気感染するので、マスクも無意味なんです。麻疹にかかっても、すぐには解らないから困るんです。

なんかここの所、熱っぽいなーとか、体がだるーいとか、のどに痛みがあったりと、風邪とよく似た症状が10日くらい続く、潜伏期間が麻疹の前期なんです。

その内高熱が続きます。高熱が出始めると、顔や体中に赤い発疹が出始めるんです。こんなにつらい症状が2,3日続くだけでも辛いものです。

高熱だけでも勘弁してほしいのに、全身と言っていいくらいの赤い発疹は、かなりつらいと思います。これが妊娠中にかかったとしたら、どのくらいお腹の子供に影響するかという事なんです。

五体満足な子供が生みたいって親なら誰しも思う事です。こんなにつらい思いを1番大事な体の妊婦さんが掛かってほしくありません。医師に相談して麻疹のワクチン接種は妊娠前にしておくべきなんです。

麻疹は誰でもワクチン接種してもらえるの?

誰でもワクチン接種してもらえるの?
抵抗力の弱い1歳児の時と小学校入学前の子供たちが優先です。子供たちの接種が終わってワクチンが余っていれば、次は年配者という事になると思います。

ワクチンが足りないため優先順位があるんです。
私もつい先日、小児科で伺ったらワクチンが足りないので混合ワクチンになってしまい、さらに予約が必要と言われました^^;

2回ワクチンを受けることで、患者数も減ったという事ですから、本当はみんなが受けられるといいですね。問題はまだ1度も麻疹のワクチン接種を受けたことのない人が麻疹に掛かるとかなり大変だと思います。

健康な人でも、どこで感染してくるかわからないので、できれば病院に行って医師に相談してみるといいと思います。ワクチンが余っていれば予約して接種できると思いますよ。

まとめ

麻疹ばかりは自分で気を付けていて空気感染ですからワクチン接種する以外に防ぎようがないんです。
以前ワクチン受けたから大丈夫って思っていると、かかる可能性もあるみたいですよ。もう1回受けておけば安心できるという事のようです。
妊娠していなくても接種後は2か月くらいは避妊が必要という事です。
生ワクチンが赤ちゃんに与える影響を避けるという事のようです。今現在、妊娠中の方は予防接種受けることはできないので、なんといっても妊娠前に2回済ましておくことが大事です。

・妊娠前に大事なこととしてこちらもお読みください

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

妊娠前にはしかのワクチンが必要な理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 産後の抜け毛対策シャンプーランキング【市販より専用のススメ】

  • 【産後の抜け毛対策5つ】ひどいなら育毛剤+育毛シャンプーでケアを

  • ホンマでっかTV【若く見えるにはギムネマサプリや肘を温める&氷ペットボトル平泳ぎ 】

  • 全身永久脱毛が早い安い【料金と効果で選ぶサロン&クリニックランキング】

関連記事

  • 妊娠初期症状と生理前の違い【寒気や基礎体温の変化・腰痛や頭痛・イライラや生理不順】

  • 妊娠6週目の出血と流産の関係と胎嚢や心音確認について

  • バイオイルは妊娠線予防効果あり?【消えたという口コミはある?】

  • つわりが朝だけつらいなら何か食べれば治まりますよ(^ ^)

  • 耳管開放症は妊婦に多い症状【治療法をまとめてみました】

  • つわりの時期はいつからいつまで?始まりと終わりやピークの症状