1. TOP
  2. 林先生が驚く初耳学【じゃらん大橋菜央編集長の絶対失敗しない宿選び】

林先生が驚く初耳学【じゃらん大橋菜央編集長の絶対失敗しない宿選び】

 2016/12/19 生活・家族
この記事は約 5 分で読めます。 1,659 Views
宿選び

これから冬本番!温泉やスキー、イベントなどで旅行に行かれる方も多いはず。
でも、宿選びってなんとなくカンで決めていませんか?
実は宿選びはもちろん、口コミを参照するにしてもコツがあるのです。
そこで今回の「林先生が驚く初耳学」ではじゃらん美人編集長の大橋菜央さんが選ぶ最強の宿として12,000軒から今狙うべきトップ3の絶対に失敗しない宿選びを紹介してくれました。

Sponsored Link

じゃらん美人編集長・大橋菜央さん

絶対に失敗しない宿選びを教えてくれるのは旅行専門雑誌じゃらんの統括編集長・大橋菜央さん
1年でチェックする宿の数はホテルや宿だけでも12,000軒に及ぶとか。
さらにチェックだけじゃなく、プライベートも合わせると年間100泊くらいしているそうです。

そんな大橋菜央編集長は
「多くの人はせっかくの旅行を台無しにしている」
と宣言します。

それでは旅行をしくじらないための知識とはどういったことなのでしょうか?

口コミサイトは宿からの返信チェック!

口コミサイトは宿からの返信チェック
普通、口コミサイトを見るときには泊まられた方の感想を重視しますよね。
でも、大橋菜央編集長のような旅のプロが見ているのは宿からの返信なんだそうです。

大橋菜央編集長によると、口コミは個人の感覚になってしまうので、その時の感情に左右されたりするのですが、宿側からの返信はサービスに対する姿勢が表れるのです。

飛び抜けて返信が良いのは湯沢グランドホテル・越後湯沢温泉

大橋菜央編集長のオススメは湯沢グランドホテル・越後湯沢温泉。
湯沢グランドホテルの口コミサイトの返信は日本一と明言されます。

駐車場スペースが遠くて移動が大変だったという口コミには、
たった一言が足りなかったことがすごく悔やまれるということが書かれてあり、この口コミをすぐにプリントアウトしてフロントや駐車場担当に渡して、一言声をかけるように伝えましたと書かれていた、つまりもうすでに実施されていたそうです。

つまり、具体的な改善内容が書かれている返信の場合はおもてなしレベルが高い宿という可能性があるということです。

ちなみに林先生がこだわるところはコンセントが便利かどうかだそうです。

ワケあり宿を狙え

ふたりとわに縁は2人予約で1名半額

ふたりとわに縁
静岡県西伊豆にある「ふたりとわに縁」には全ての部屋に貸切風呂が付いていて、富士山を眺められる絶景宿ということ。

実は「ふたりとわに縁」は2人で予約した場合、1名半額で泊まれるそうです。

「ふたりとわに縁」のワケありポイントは今年10月にオープンしたばかりなのでプレオープン期間を設けているためだそうです。

実はオープンしたばかりの宿や工事中、低層階の宿泊などで安くなっているワケありで安い宿は狙い目だということ。

旅行サイトではワケあり特集プランが組まれていることもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

マタニティサービスが充実した宿を狙え

マタニティサービスが充実した宿を狙え
実は今旅行業界で注目のキーワードがあるそうなのですが、そのキーワードがマタニティプラン。
旅行業界でマタニティプランというと意外に感じる方も多いかもしれませんが、2〜3年前(2014年)に温泉法改正によって妊婦が温泉に入っても健康上は問題ないので大丈夫と法律が変わったそうなのです。

それから2年経ち、マタニティプランのある施設が充実してきたということ。

さらに妊婦以外に一般の方にとっても狙い目でマタニティサービスが充実しているということは隅々までサービスが充実している証拠だということになるのです。

オススメは東伊豆・北川温泉の吉祥CAREN

東伊豆・北川温泉の吉祥CAREN
大橋菜央編集長がオススメするのは静岡県東伊豆にある北川温泉、吉祥CAREN(カレン)。

妊婦さんに対するケアができているということは宿の清潔感や気配りが行き渡っている証拠なのでマタニティー以外の方が泊まっても本当に満足できる宿だと思うと大橋菜央編集長は言います。

展望風呂付き客室や楽に座れるように配慮した高座椅子、寝るときに体の負担が軽くなる抱き枕などを完備しているのですが、
妊婦さんの間で一番好評なのがマタニティー用フレンチ懐石などの夕食
マタニティー用フレンチ懐石

さらに急な体調の変化によって来られない場合でもマタニティプランはキャンセル料なしなんだそうです。

妊婦さんですと急につわりがひどくなる方もいらっしゃいますからね。
辛いつわりの時期とピークについて

東海道新幹線で最も快適な座席は4号車10番A席

東海道新幹線で最も快適な座席
せっかくの旅行でも周りがうるさかったり、窮屈だったりすると気分が悪くなってしまいますが、一人で乗る場合にそんな目にあいにくい座席があるということ。

大橋菜央編集長によると、新幹線で最も快適に過ごせるのは4号車10番A席なんだそうです。

新幹線の予約は7号車と11号車から外側に埋まっていくのですが、1号車から3号車は自由席なので、予約の最後は4号車と16号車。
そして16号車には運転席があるので他の車両より座席幅が17mm狭いんです。
ですから4号車の方がより快適だということ。
4号車の方がより快適

そして車輪の振動の少ない中心部分ということで10番がいいとのこと。
さらに隣に人がいない可能性が一番高いのがA席だということです。

まとめ

宿は高いところが紹介されるのかと思ったらワケありなどお得なプランも紹介されていたので機会があれば利用してみたいですね。
新幹線はよく乗るのでかなり勉強になりました!
こういったことを知っているか知らないかというだけで旅行が快適になるか、そうじゃないかが決まってしまいますからね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

宿選び

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

  • 全身永久脱毛が早い安い【料金と効果で選ぶサロン&クリニックランキング】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

  • 主治医が見つかる診療所【タオルストレッチと手ぬぐい体操で股関節とヒザ裏伸ばし! 】

関連記事

  • 世界一受けたい授業【食中毒にならないお弁当とペットボトル・糞便移植で免疫力アップ! 】

  • その原因Xにあり【心筋梗塞を運動負荷心電図検査で未然に防ぐ方法 】

  • 健康カプセルゲンキの時間【更年期障害にホル活!橋本病との勘違いに注意 】

  • 林修の今でしょ講座【薬の飲み方・お薬手帳アプリやドラッグリポジショニングについて】

  • 林先生が驚く初耳学【写真うつりで端の人が太って見えないカンタン撮影術】

  • クローズアップ現代【空き家対策にシェアオフィスで収益化・二地域居住で地域活性化 】