1. TOP
  2. 林修の今でしょ講座【肝臓・血管・髪の毛を若返らせる5つの栄養素とレシピ 】

林修の今でしょ講座【肝臓・血管・髪の毛を若返らせる5つの栄養素とレシピ 】

 2017/08/02 美容・健康
この記事は約 5 分で読めます。 2,050 Views
栄養素

夏真っ盛り!曇っても暑い。晴れたらもっと暑い…という日が続きますよね。
こういった暑い日が続くと夏バテを心配される方もいるかもしれませんが、
猛暑によって肝臓や血管、髪の毛が弱ってしまうそうなんです。
そこで、東大ママドクターの伊藤明子先生が猛暑で弱った臓器を若返らせる5つの栄養素やレシピについて紹介してくれました!

Sponsored Link

肝臓を若返らせる栄養素

東京大学医学部付属病院の小児科医・伊藤明子先生によると、
肝臓が弱る原因の1つが食べ過ぎということですが、夏のように代謝が悪くなる季節に暴飲暴食をしてしまうと脂肪が蓄積し、肝臓を弱らせてしまうということ。

スルフォラファンが傷ついた肝臓の若返りに

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトの中にはスルフォラファンがたくさん含まれていてスルフォラファンは肝臓の炎症を抑える力が強いそうです。

脂肪細胞が出す一部の炎症性サイトカインが周りの臓器を傷つけてしまい臓器が弱ってしまうそうです。
炎症を起こすと傷がつき、その傷を治すために白血球の仲間が集まって繊維化が起こり、肝硬変に繋がることもあるということ。
そしてさらにひどくなると肝硬変から肝臓がんにつながることもあるようです。

スルフォラファンの働きは体内で2〜3日持つので、1週間に3回ほど1パックずつ生で食べるといいそうです。
ブロッコリースプラウト以外にもキャベツや大根にスルフォラファンが含まれているので、暑い時期は大根おろしなどもおすすめだということ。

アスタキサンチンで肝臓の炎症を抑える

さくらえび

さくらえびには肝臓の炎症を抑えるアスタキサンチンが豊富でカルシウムは牛乳の約18倍もあるとのこと。
茹でたものより干したものの方がいいとのこと。

肝臓若返り最強レシピ

ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ

材料

  • さくらえび
  • ブロッコリースプラウト
  • コショウ
  • オリーブオイル
  • レモン

1)根元をハサミで切ったブロッコリースプラウトとさくらえびをボウルに入れます。
ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ1
2)レモンを半分程度にカットし、ボウルにレモン汁をかけます。
ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ2
3)オリーブオイルとコショウを入れてスプーンでまぜます。
ブロッコリースプラウトとさくらえびのマリネ3

髪の毛を若返らせる栄養素

夏は紫外線によって頭皮がダメージを受けやすく、結果的に白髪や抜け毛の原因になってしまうとのこと。

たんぱく質

伊藤明子先生によると、髪の毛も爪もケラチンという固いたんぱく質でできているので髪の毛を若返らせるにはたんぱく質が大事とのこと。

高野豆腐

高野豆腐のたんぱく質は木綿豆腐の約7.6倍、卵の約4倍、牛肉(もも)の約2.5倍も含まれているとのこと。

白髪や抜け毛や薄毛は毛根にある2つの工場によってできているとのこと。

  • 髪の毛を作る毛母細胞
  • 髪の毛の色を作るメラノサイト

私たちの髪の毛は白く出てくるそうなのですが、色を作るメラノサイトがしっかり働くことによって黒くなるとのこと。
そして髪の毛の工場を動かすためには高野豆腐などに含まれるたんぱく質が大事なようです。

動物性たんぱく質もいいそうですが、肉に含まれる脂はあまりとらない方が良く、そういった点から考えると体に不必要な脂が含まれていない高野豆腐がいいということです。

高野豆腐の他にもたらこやのりにもたんぱく質が豊富とのこと。

亜鉛

亜鉛はたんぱく質と一緒に摂ることでより吸収がアップし、髪の毛の工場を活性化させる酵素の中に亜鉛があるのでしっかり亜鉛を摂ることが大事だとのこと。

ゴマやココア

ゴマやココアには亜鉛が多く含まれているということですが、ココアパウダリーをかけたなんちゃってティラミスがおすすめとのこと。

髪の毛若返り最強レシピ

なんちゃって豚の角煮

1)高野豆腐をダシと卵を混ぜたものに浸します。
なんちゃって豚の角1
2)脂分の少ない豚肉でカットした高野豆腐をくるくる巻いて小麦粉をまぶします。
なんちゃって豚の角2
3)フライパンで焦がさない程度に焼きます。
なんちゃって豚の角3
4)酒、みりん、減塩醤油、水で味を整えたら完成です。

血管を若返らせる栄養素

暑い夏に汗をかけばかくほど血液中の水分が減ってしまい、血管が硬くなるということです。
その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などにつながってしまうこともあるようです。
ですから血管を若く保つことはとても大事とのこと。

タウリン

タコ

タコに含まれるタウリンはサバの約5倍、豚ロースの約17倍も含まれているとのこと。
タコのタウリンが血流&血圧を改善し血管を若く保ってくれるようです。

タコの他にもアジやホタテにもタウリンはたっぷり含まれているとのこと。

血管若返り最強レシピ

タコとアジのトマト風アクアパッツァ

1)タコやアジ、ミニトマトなどを鍋に入れて煮るだけです。
タコとアジのトマト風アクアパッツァ

まとめ

暑いとジュースやアイスばかりとって、ご飯はそうめん…ってなりがちですが、
しっかりと今日紹介されたたんぱく質やタウリン、アスタキサンチンの入った食材をとって夏を乗り越えるのはもちろん、体を若返らせましょうね!

・人気記事

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

栄養素

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 育毛に良い食べ物と悪い食べ物【夫の薄毛に悩む奥様のためにレシピも紹介】

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

  • 全身永久脱毛が早い安い【料金と効果で選ぶサロン&クリニックランキング】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

関連記事

  • 沖縄で脱毛するならアネル?口コミはどう?

  • 【産後の抜け毛対策5つ】ひどいなら育毛剤+育毛シャンプーでケアを

  • その原因、Xにあり【顔のむくみ改善エクササイズ・ウンパニ体操のやり方】

  • ホンマでっかTV【尿もれや花粉症やくしゃみ・春の危ない習慣SP】

  • たけしのみんなの家庭の医学【熱中症対策・予防に梅昆布茶】

  • ワキ毛を抜くとワキガになる?【たった1つの対策法はコレ】