1. TOP
  2. 妊娠3週目の症状9つと気をつけなければいけない8つの注意点

妊娠3週目の症状9つと気をつけなければいけない8つの注意点

 2016/07/05 妊娠
この記事は約 11 分で読めます。 5,186 Views
妊娠3週目

「妊娠してるかな?」
「赤ちゃん出来てればいいな…」
とドキドキの時期がこの妊娠3週目なんですよね。

妊娠3週目前後は着床期や妊娠成立期とも言って妊娠している実感がなかったとしても赤ちゃんの命は育っているというとても大事な時期です。
まだ赤ちゃんは人間の形をしておらず胚と呼ばれ、胎嚢という袋に包まれている状態です。

個人差がかなりあり、全く気づかない人も少なくない時期ではありますが、人によっては熱っぽかったり、だるかったりといった風邪のような症状が出てしまうんです。

ここではそんな妊娠3週目の症状や気を付けた方がいいこと、そして気になる「生理と妊娠超初期症状の見分け方」などについてまとめてみました。

Sponsored Link

妊娠3週目ってそもそもいつのこと?

妊娠のスタートは排卵日や妊娠した日だと思いがちですが、実は妊娠のスタートは最後の生理がスタートした日となるんです。

最後に生理が来た日、覚えてますか?
この最後に生理が来た日が妊娠0週0日になるんです。

ですから妊娠3週目というのはだいたい最後の生理が来てから21日目〜27日目のことを言うんですね。
妊娠周期

そう考えると妊娠3週目に症状があるなんて早すぎるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、女性の体は偉大なんです!
ママがわからないうちに着々と準備を進めているので、早い人になると「なんか、いつもと違うな」という感覚になることもあるんですよ。

妊娠3週目のママの体:着床と妊娠成立

妊娠3週目は着床期と言って子宮内膜に受精卵が着床する時期。
そう、つまりこの時期はめでたく妊娠成立となる大切な時期なんですね!
妊娠が成立しなければ当然赤ちゃんは生まれてこないわけですからね。

胎盤が作られ始める

無事着床したら胎盤が作られ始め、赤ちゃんへ栄養や酸素を送る準備をしだします。
「準備」というのは胎盤として完全に成り立つまでにはまだ3〜4ヶ月ほどかかるからなんです。
でもそのための準備が着々と進められているんですね。

妊娠3週目の赤ちゃんってどのくらいの大きさ?

もしあなたがめでたく妊娠成立していたとしたら妊娠3週目の赤ちゃんの大きさってどのくらいだと思いますか?

実は妊娠3週目の赤ちゃんの大きさは1ミリ以下、0.1ミリくらいしかないと言われています。
体重だって0.1g以下なんですよ!

本当にこんなに小さな存在だからこそ、かけがえのない存在。
大切に大切にしようって思いますよね!

この時期に薬飲んじゃったんだけど大丈夫?

妊娠3週目の頃というのは妊娠してると思っていなくて、妊娠中に良くないと言われている薬を飲んでしまったり、飲み会が続いていてお酒を飲み過ぎてしまったりということがありますよね。

でも実は薬と赤ちゃんへの影響には「無影響期」というのがあって妊娠0日〜27日目までは赤ちゃんにとって薬などの影響がない無影響期になるんです。
27日ということはちょうど妊娠3週目の最後の日に当たります。
そしてもし万が一影響があった場合には、そもそも着床せず妊娠が成立しないので現時点で妊娠が成立しているのであれば問題ないということになります。

妊娠3週目の症状や兆候【あるある!】

妊娠3週目の症状

1.なんだか熱っぽいぞ…

眠かったり、体がだるかったり、熱っぽかったり…
うん?これって風邪じゃないの?っていう症状は妊娠超初期症状に見られるものですが、人によってはかなりの「いつもと違う感」に戸惑う方もいるようです。

それもそのはず。妊娠3週目は通常の生理周期で言えば高温期にあたる時期。
37度を超える体温が続いていくわけですからね。

2.吐き気がする・つわりの症状も

だるさや眠気など風邪っぽい症状だったらまだ、なんとかやり過ごせるものの、吐き気がするというところまで行くと、いよいよ「赤ちゃん」か「風邪か」どちらかに絞られてくるような感じもします。
それに妊娠3週目で早くもつわりの兆候を感じる人も少なくないんですよ。

3.体温の変化はどう?

妊娠3週目の場合、体温の変化は多くの場合、変わらないと思います。
たぶん、低温期と高温期がはっきり分かれている方の場合は体温が高い状態が続いていると思います。
ただ、妊娠3週目の兆候としては、いつもより高温期が安定しているというのが挙げられます。
これが4週目になってくるとガクッと下がる人と上がったままの人と分かれてくるのですが…
(そうならないことを祈って<(_ _)>)

4.おりものがいつもと違う

妊娠3週目の時期は着床する頃ですから着床出血している場合も当然あります。

いつもの生理との違いですが
・茶色の場合が多い
・生理予定日より少し早い
・いつもは1週間くらい続くのに3日以内で終わってしまう
といった症状が見られるようです。

着床出血はそれほど頻繁に見られる症状ではないようなのですがあなたにその症状があるということは十分考えられます。

5.腰痛や腹痛がある

赤ちゃんはお腹の中で作られていくわけですからお腹やお腹付近に違和感があったり多少の痛みがあっても不思議ではありませんよね。
腰痛にしても、それほどひどいものではないにしろ、感じる方もいるようです。
腹痛に関しては人によっては「キュンキュンする」とか「チクチクする」と色々な表現があるのですが、とにかくいつもと違う感覚で妊娠に気づくという方が多いようです。

6.味覚が変わる

特に大好きでいつも食べているものや飲んでいるもの…少しクセの強いものの方が違いがわかるかもしれません。
毎日お酒を飲む方だったら、お酒の味が変わったりといったことで気づかれる方が多いようですよ。

7.便秘や下痢

妊娠超初期症状として便秘や下痢を挙げる方も少なくありません。
特に普段は快便のはずなのに便秘や下痢をすることから妊娠に気づくようですね。
便秘や下痢の原因はホルモンバランスの変化が関係していると言われています。

8.胸が張る・痛む

生理の時に胸が張ったり、乳首が痛くなったりする女性は多いですが、妊娠時に普段は痛まないのに急に痛むようになった場合や、その逆に普段はかなり痛むのに予定日が近づいても全く痛まないということから妊娠に気付くという方もいるようです。

9.肌荒れ

これも原因はホルモンバランスの変化によるもの。
なにかお化粧のノリが悪くなったり、水分が減ってカサカサになったり…
これから体がどんどん敏感になってきますから化粧品も刺激の少ないものに変えたりということが必要になってくるかもしれませんね。

妊娠3週目なの?生理なの?見分ける方法はあるの?

生理と妊娠3週目の見分け方

妊娠検査薬でもはっきりしない?

経験者いわく「妊娠3週目じゃたぶん反応しないと思うよ」ということですが、気になるのは事実ですよね^^;
もちろん妊娠4週目以降にならないと確実性は高いとは言えませんが、どうしても気になるなら妊娠検査薬を使ってみるのもありかもしれません。
ただし知っておきたいのは
1.妊娠していても陰性反応することがあること
2.妊娠してなくても陽性反応することがあること
(化学流産)
※2の化学流産については後で詳しく紹介します

産婦人科に行くのもいいけど

おりものもいつもと違ったし、お腹がキュンキュンといつもの生理とは違うということで産婦人科に行ったけど「妊娠ではなかった」という方も少なくはないんです。

それにまだ妊娠3週目の場合、もう少し日にちが経ってから来て欲しいと言われることもあるようなので…もう、こうなったら「果報は寝て待て」の一言に尽きますね^^;

あせらない。あせらない。ゆっくり、じっくり、その時を待ちましょ♪

妊娠3週目で気をつけること

妊娠3週目の注意点
実は妊娠3週目までは薬などが赤ちゃんや母体に対して影響があまりない時期だとも言われています。
ただ妊娠を望んでいるのであれば、ましてこのページを読んでいる方は「いつもと違う」症状に気づいている可能性も高いですから、すでに服用してしまったものは仕方ないとしても、これからはできるだけ気をつけていきたいですね。

ということでこの時期に気を付けたいことをまとめてみました。

1.慎重な薬選び(服用)をする

3週目までの場合にはそもそも妊娠しているかどうか気がつかないという人も少なくありませんが
少しでも妊娠の兆候を感じた時にはまず何よりも体をいたわる行為が必要になってきます。
お仕事をされている方は体調が悪くてもなかなか休めない事も多いと思いますし、薬で何とかしようと思う気持ちもわかりますが、薬の服用には特に慎重にならなければいけない時期が近づいているということも覚えておいてください。

2.禁酒、禁煙を積極的に

喫煙はなんとなく「煙が悪いんでしょ?」くらいにしか思わない人がいるのですが、ニコチンが子宮に行く血液を減らすことによって赤ちゃんに栄養が届きにくくなってしまうことが一番の問題なのです。
ですから発育が不十分だったり、低出生体重児になってしまう可能性があります。
低出生体重児で生まれると乳幼児突然死症候群の可能性も高くなってしまうので良いことがありません
>>乳幼児突然死症候群
もちろん受動喫煙も危険ですからママが吸っていない場合でもパパにも気を使ってもらいましょうね。

そしてタバコがダメなのはわかるけどお酒ならいいんじゃないの?って思う人もいるかもしれませんが
お酒は胎盤を伝って赤ちゃんの体の中へと入っていきます。
私たち大人はお酒を飲んでもアルコールを分解する力がありますが、赤ちゃんにはそんな力がありません。
胎児性アルコール症候群になって脳や体の発育に影響が出る場合もあるので注意してくださいね。

3.冷えに気をつける

妊娠成立期には、赤ちゃんを授かっている実感がない方もいます。
ただ、ベビ待ちなら「いつでも赤ちゃんを授かってOK」という心構えが大切。
だから赤ちゃんが欲しいと思ったその時点から体を冷やさないように心がけるのはママの体にとっても赤ちゃんの体にとっても大切なことなんですね。
それに今のうちから冷え性対策をしっかりしておくと、これからの長い人生に良い効果がボディーブローのようにじわじわと効いてきますよ

4.おしゃれに気をつける

今まであなただけの気持ちで決めてきたファッションも赤ちゃん主体に考えたいものです。
特にきつい服装やハイヒールは血流を悪くするのでNG
長時間身につけていても体に負担のかからない服装や長時間履いていても疲れない靴に変えましょう。

5.ホルモンバランスの乱れをパパに理解してもらう

妊娠するとホルモンバランスの変化で体の中のあちこちが今までと違う状態になります。
もちろん、体の中が変化すれば気持ちだって穏やかではいられないこともありますし、突然悲しくなったり、急にイライラしたりして情緒不安定になることも。
でもだからってそれが原因でパパとの仲が悪くなったら本末転倒ですよね。
でもはっきり言ってパパはそんなこと分かりません。
だからママから積極的にホルモンバランスの乱れをパパに説明して理解してもらう必要があるんです。
こういったことを早め早めに対策していくことで産後クライシスのようなことにも理解あるパパが出来上がっていくわけです。
>>産後クライシス

6.化学流産

先ほど「妊娠してなくても陽性反応することがある」ということを紹介しました。
この状態は正確には妊娠してなかったというより化学流産を起こしてしまったということになります。

特徴としては
1.フライングで妊娠検査薬を使い陽性反応が出る
2.生理が来て再度妊娠検査薬を使うと陰性になっている
といったような形です。

7.フライングに注意

上の化学流産の話とつながるのですが、どうしてフライングに注意しなければいけないのか?と言いますと、フライングで妊娠検査薬を使った場合、化学流産に気づいてしまうからなんです。

フライングで検査しなければ「生理が来た=リセット=また1から出直しだ」と思えるかもしれませんが、フライングで検査して陽性反応が出ている場合には「化学流産した」という事実を知ってしまうことにもなるので落ち込んでしまう方もいるのが事実なんです。

この記事で紹介したような妊娠超初期症状がある場合、早く妊娠しているかどうか知りたいという気持ちはわかりますが、フライング検査にはこのような注意点があることも頭に入れておくことをおすすめします。

8.【最重要】葉酸をしっかりとる

妊娠前から妊娠12週までの間に葉酸を十分に摂取すると胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減できるとされています。
では妊娠中にどれだけ葉酸を取ればいいのか?ということなのですが推奨されている妊娠中の葉酸摂取量は1日480マイクログラム
1日にこれだけ取るのって大変ですよね。

>>だから賢いママはサプリで葉酸を摂取しているんです!

まとめ

妊娠3週目の超初期症状として当てはまるものはありましたか?
たぶんこの記事を読んでいるということは「絶対に妊娠してて欲しい!」って願っている方ですよね。
私にはわかります。だって私がそうでしたから^^;

でも結局のところ気持ちの持ち方としては「果報は寝て待て」という一言に尽きますね。

めでたく妊娠が成立していた場合には、これからもっともっと不安になることがたくさんあると思いますが、「成るように成る」とシンプルに考えていくことも大切だと思います。

もちろん当サイト「ミセスラボ」では妊娠期から出産、育児までたくさんの疑問に関する記事を用意しておくので是非お読みいただければと思います!

★早め早めの妊娠線予防対策★

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

妊娠3週目

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

  • 全身永久脱毛が早い安い【料金と効果で選ぶサロン&クリニックランキング】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

  • 全身脱毛【渋谷でオススメな医療とサロン・メンズの口コミ人気20選★】

関連記事

  • 妊娠線予防クリームおすすめ人気ランキング!

  • 妊娠線が太ももに!もう消すことはできないの?

  • 妊娠線はいつから出るの?ケアはどうすればいいの?

  • 妊娠超初期症状の下腹部痛はいつまで?チクチクするんだけど?

  • 妊娠7週目の出血やつわり・心拍確認や下腹部痛などの不安について

  • 【妊婦さんに朗報】出産費用を平均より安く抑える14の方法