1. TOP
  2. 世界一受けたい授業【食中毒にならないお弁当とペットボトル・糞便移植で免疫力アップ! 】

世界一受けたい授業【食中毒にならないお弁当とペットボトル・糞便移植で免疫力アップ! 】

 2017/06/18 生活・家族
この記事は約 5 分で読めます。 499 Views
食中毒

梅雨から夏にかけて増えるのが食中毒ですよね。
冷たいものを飲んだり食べたりということとも関係があるような気もしますが、気温の上昇によって色々なものがいたみやすくなるようです。
ただ、食中毒って一体何があたったのかわからないことってありませんか?
そうです。普段何気なく行なっていることにも食中毒を起こす原因があるかもしれないのです。
そこで今回世界一受けたい授業で紹介されたのは口をつけたら菌が増えやすいペットボトルの飲み物や食中毒を起こさないお弁当の作り方などについて紹介されました。

Sponsored Link

食中毒の原因は意外なところに!?

アニサキスの恐怖

庄司智春さんや渡辺直美さんなど有名人が激痛を伴う食中毒になったことが話題になったようですが、その激痛の原因は生魚に潜む寄生虫の「アニサキス」だということ。
このアニサキスが一匹でも体内に入ると胃の粘膜に突き刺さって激痛が走るそうです。

これまでの季節は冷凍ものが多かったのでアニサキスは死滅していましたが、鮮魚の流通によってアニサキスによる食中毒件数は10年間で20倍になってきているようです。

・アニサキスによる食中毒件数
アニサキスによる食中毒件数

浅漬けは牛肉よりO-157にかかりやすい!?

浅漬けは牛肉よりO-157に?
牛肉よりもO-157にかかりやすいと紹介されたのは浅漬けでした。
漬物は塩分や発酵により食中毒菌の増殖を抑えているのですが、浅漬けは塩分濃度が低いためあまり発酵しておらず食中毒菌が増えやすいそうです。

・O-157についてはこちらでも紹介しています。

【食中毒にならないために】ここを過ぎたら食べたら危険!

教えてくれるのは広島大学大学院生物圏科学研究科教授の島本整先生。
島本整先生はノロウイルスを撃退する渋柿による消毒剤を作った食中毒研究の第一人者。
渋柿のタンニンが99.9%ノロウイルスを撃退するそうです。

口をつけたペットボトルで細菌が増えるのは麦茶

口をつけたペットボトルで細菌が増えるのは麦茶
水、麦茶、オレンジジュース、ブラックコーヒー(無糖)の中で1番細菌が増殖する飲み物は麦茶でした。
逆に1番細菌が増えなかったのはポリフェノールがたっぷりな無糖ブラックコーヒーということに。

島本整先生によると麦茶には緑茶と違ってポリフェノールが含まれていないので抗菌作用が弱いのではないかということです。
そして麦の穀物、炭水化物は細菌の格好のエサだそうです^^;

1度口をつけたペットボトルは夏場は4、5時間で飲みきるようにしたほうがいいとのこと。
コップに出して入れ直すのがベストだそうです。

お寿司で一番いたみやすいのは鯛

お寿司で一番いたみやすいのは鯛
1番いたみやすいお寿司のネタとして紹介されたのは鯛でした。
10時間後にはマグロとイクラもいたむという結果に。
逆に1番いたみにくいのはシメサバということに。

白身魚である鯛は脂肪が少ないことがいたみやすさの原因だという研究結果もあるそうです。
意外ですが、脂肪がたくさんある方が細菌は増えにくいようです。

食中毒を起こさないお弁当の作り方

食中毒を起こさないお弁当の作り方
食中毒にならないためのお弁当の作り方のポイントはこちら。

  • ご飯にノリを乗せない
  • トマトのヘタを取る
  • レタスを仕切りに使わない

細菌は1グラム当たり100万個以上になると食中毒になりやすいということですが、
ヘタありトマトは18時間後に1,000万個に!
18時間後というのは現実的でない気もしますが、気温によって昼に100万個を超えることもあるようです。
逆にヘタなしトマトは18時間後でも2万1,000個だということ。
ヘタは絶対に取った方がいいですね^^;

前の日の残りをお弁当に入れる時の注意

前の日のおかずを次の日のお弁当に入れる時には、お弁当用のおかずをあらかじめ取り分けておいて、冷蔵庫に保管することが大事なようです。
一旦食卓に並べたものを次の日のお弁当に使うと菌が付着する確率がグンと上がるということ。
お弁当箱をお酢で拭くことも有効だとのこと。

便秘の人は食中毒になりやすい

同じものを食べているのに食中毒になりやすい人となりにくい人がいるのはなぜ?という望月理恵アナウンサーの疑問に対して島本整先生の答えは「便秘に悩んでいる人は食中毒になりやすい」というものでした。

便秘の人は腸内環境が悪くなっているので食中毒になりやすいとのこと。

糞便移植で免疫力を高める

免疫力を高めるために注目されているのは糞便移植という新しい治療の研究だそうです。
糞便移植とは腸内環境が良くない人に健康な人の便と生理食塩水を混ぜて内視鏡で移植するという治療だということ。
便は誰のものでも良いというわけではなく、親族のものに限られているということ。

まとめ

色々な食中毒について紹介されましたが、ノロウイルスなどは冬だけではなく夏にもかかる方が多いとか。
島本整先生が言っていたようにトイレに行ったら絶対に手を洗うようにご家族の方にもお伝えくださいね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

食中毒

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • アットベリーは口コミで効果が評判な黒ずみケアクリーム

  • ホンマでっかTV【2017年下半期はメロン肩やティースジュエリーが流行る!?】

  • バイクローンの審査に通らないならおすすめは低金利にこだわりすぎないこと!

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

関連記事

  • ソレダメ【秋掃除法・フローリングや換気扇・シンクや製氷機の汚れを解決!】

  • その原因Xにあり【心筋梗塞を運動負荷心電図検査で未然に防ぐ方法 】

  • 林先生が驚く初耳学【写真うつりで端の人が太って見えないカンタン撮影術】

  • 世界一受けたい授業【乳がん検定・3Dマンモグラフィー検査とデンスブレスト】

  • カニ通販の詐欺! カニカニ詐欺に合わないために!

  • ホンマでっかTV【朝トマトと朝筋トレがベストタイミング!】