1. TOP
  2. 主治医が見つかる診療所【ヒハツで毛細血管改善・ゴースト血管チェック】

主治医が見つかる診療所【ヒハツで毛細血管改善・ゴースト血管チェック】

 2016/11/08 美容・健康
この記事は約 5 分で読めます。 1,996 Views
ヒハツで老化防止

歳を重ねるとシミやシワなどのお肌の老化や、なんか髪の毛にボリュームがなくなってきたな〜…といった薄毛、そして若い頃から悩まされている冷え症が特にひどくなったりという方も少なくないと思います。

そこで、主治医が見つかる診療所では「毛細血管を改善して10歳若返るぞプロジェクト」として
肌の老化や薄毛、冷え症解消が期待できるゴースト血管の改善について紹介されました!

Sponsored Link

毛細血管

毛細血管
今、医療の世界で集めている血管が毛細血管なんだそうです。
最新の研究では体の老化のほか、肩こりや冷え症や薄毛、そして腰痛などにその血管が関わっているとされているんです。
つまり、その血管を正しくケアすることによって老化防止になると言われているのです。
その血管こそが毛細血管なんです。

金沢医科大学の赤澤純代先生によると、毛細血管をしっかりすることによって、加齢の時計を少し戻しながら遅らせることができると言います。

大桃美代子さんが調査に協力

毛細血管の秘密に協力してくださったのは大桃美代子さん。
実は51歳の大桃美代子さんは冷え症や髪の毛に悩みがあると言います。
実際に毛細血管を測定してみるとクネクネとねじれていたり、少なくなっていたりすることがわかりました。

毛細血管がなくなってしまうと、十分な酸素や栄養が届かなくなってしまうことにより、老廃物が排出されずに溜まってしまうんだそうです。

不定愁訴など体の不調を感じている方は毛細血管が減っている場合も多いとのこと。

ゴースト血管とは

ゴースト血管とは、本来あるはずの毛細血管のU字の形のところが減ってしまい、お化けのようになくなったかのようになってしまったことを言うそうです。
つまり毛細血管のゴースト化と言うことになりますね。

ゴースト血管チェック

  • 最近、白髪が増えた
  • 目が疲れやすくなってきた
  • 目の下にクマができやすくなった
  • 体が浮腫むことが増えてきた
  • しっかり寝たはずなのに翌朝疲れが取れなくなってきた

このうち1つでも当てはまるとゴースト血管の可能性があるそうです。
そして数が多いほどゴースト化がひどくなっているとのこと。

くるぶしの下でゴースト血管チェック

1)足の内側のくるぶしの下を見ます。
ゴースト血管チェック

・毛細血管が正常な場合→太くて青い血管が並んでいます。
毛細血管が正常な場合

・ゴースト血管の場合→赤紫の細い血管が浮き上がっています。
ゴースト血管の場合

手足の血流チェック方法

手足の血流チェック
指の腹をぎゅっと押してから離します。
この時に白くなった部分がすぐに赤く戻ればOKです。
時間がかかる場合には血行不良の可能性があるとのこと。

ゴースト血管が招く病気や症状

ゴースト血管が招く病気や症状

冷え症

全身にある血管の90%以上が毛細血管なのですが、手足の毛細血管がゴースト化することによって、栄養や酸素が不足してしまい、冷え症につながると言います。
そして先ほどご紹介した通り、シミやシワ、薄毛や白髪、肩こりなどにもつながる可能性が。

狭心症や心筋梗塞・脳梗塞にも

毛細血管がゴースト化して起こる可能性がある重大な病気として紹介されたのが、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞でした。
そして1番ひどいとガンになることもあるそうです。

血管がゴースト化する原因

血管がゴースト化する原因
国立循環器病研究センター研究所の望月直樹先生によると、血管がゴースト化してしまう原因は3つあると言います。
その3つとは、運動不足・太り過ぎ・食べ過ぎ

運動不足

運動をしなくなることで下肢に血流を必要としなくなってしまうそうです。
すると生体としては不要と判断してしまい、血管を小さくして萎縮、退縮してしまうということ。

つまり、体を動かさないと体が栄養を届ける必要がないと判断してしまい、毛細血管が減ってしまうということです。

太り過ぎ

太り過ぎで脂肪がつくと、本来は必要のない脂肪にも毛細血管が伸びるそうなのです。
でも、心臓から送られる血液の量が一定のため、余分な脂肪に血液が回ってしまうことで毛細血管まで十分に血液が届かなくなるということ。

食べ過ぎ

太っていなかったとしても常に食べ過ぎの方は毛細血管がゴースト化する危険性が高いそうです。
食べ物を摂取すると胃や腸に血液が集中しますが、暴飲暴食をすると慢性的に胃や腸に血液が集中するため、毛細血管がダメージを受けやすくなってしまうとのこと。

ヒハツでゴースト血管改善

ヒハツでゴースト血管改善
ゴースト血管を予防、改善する2,400年の歴史を誇る南国の食材として紹介されたのが、ヒハツ。
沖縄で古くから親しまれているソーキそばなどの香辛料に使われる島コショウやロングペッパーはヒハツなどを原料にしているとのこと。

ヒハツのとり方

ヒハツのとりかたは野菜スープやお肉のソテーに、シンプルにコショウの代わりに使ったりといった簡単な使い方で良いようです。
しかもヒハツは1日スプーン半分でゴースト血管を改善できると言います。

ヒハツで大桃美代子さんの毛細血管も改善

ヒハツ生活を続けた大桃美代子さんですが、
細く隙間があった毛細血管が隙間が減少し、
最初に調べた時よりも太さが太くなり、流れやすくなりました!

まとめ

ゴースト化の原因「運動不足、食べ過ぎ、太り過ぎ」全部当てはまる…とショックを受けてしまいました…
でも、ヒハツ生活で改善できるならコショウの代わりにするだけでいいので簡単ですよね。
それにしても、毛細血管については最近よく耳にするようになりましたが、まさか老化などにも関わっているとは…

・毛細血管についてはこちらも参考にしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

ヒハツで老化防止

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • ホンマでっかTV【夏の汗やニオイ対策・ダイエット臭やバスト臭に注意! 】

  • 家庭用脱毛器オススメランキング【口コミで圧倒的人気なのは効果が評判のコレ】

  • たけしの家庭の医学【骨の老化防止ホルモンメラトニンで骨粗しょう症予防 】

  • 医療レーザー脱毛は早いし安い★口コミでおすすめの効果抜群クリニック6選

関連記事

  • この差って何ですか?【二の腕が太い人と細い人の差と上腕三頭筋エクササイズ】

  • 健康カプセルゲンキの時間【熱中症のような脳梗塞ラクナ梗塞と腎臓病 】

  • ピラミッドダービー【夜トマトダイエットvs夜バナナダイエット】

  • その原因、Xにあり【豆乳甘酒ダイエットで冬太り解消!】

  • ピラミッドダービー【おからパウダーダイエットvs酢しょうがダイエット】

  • 主治医が見つかる診療所【静脈マッサージときな粉&ルイボスティーで毛細血管を強く】