1. TOP
  2. 健康カプセルゲンキの時間【隠れ熱中症対策初期症状チェック】

健康カプセルゲンキの時間【隠れ熱中症対策初期症状チェック】

 2016/08/07 美容・健康
この記事は約 6 分で読めます。 548 Views
健康カプセルゲンキの時間で紹介された熱中症対策

健康カプセルゲンキの時間では「まさか自分が」と思っていながら熱中症になってしまった3人の方の体験談をもとに熱中症対策が紹介されました。
今回はエアコンを嫌がる高齢者の熱中症対策も紹介されていますので、ご家族にご高齢の方がいる場合には是非参考にしてくださいね。

Sponsored Link

隠れ熱中症の初期症状チェック

・このような経験を夏にしたことがありますか?

  • めまいや立ちくらみ
  • 大汗をかく
  • 筋肉痛や足がつる
  • 頭痛や吐き気がする
  • 疲れや倦怠感がある
  • 痙攣する
  • 意識がもうろうとする
  • 体温が高くなる

このような経験がある場合、熱中症の初期症状かもしれません。

熱中症の体験談1:集中や緊張で水分補給しない場合

水分補給
西田秀子さん66歳の体験談です。

2013年の7月に浅草の観光案内をしていた時のこと。
水分補給はあまりせずに、喉が渇いたら喫茶店に入ればいいと思いつつ、炎天下を4時間ほど案内してから喉の渇きを感じてお店に向かった西田秀子さん。
おにぎり屋さんに入っておにぎりとビールを頼んでビールを飲んだらそのままカウンターに突っ伏してしまって、さらに吐き気がすごくなり、1時間以上動けなかったそうです。
そして救急搬送されて熱中症と診断されました。

観光案内などで集中していたり緊張していたりする場合、喉の渇きを忘れてしまうことがあるようです。
終わった後でようやく喉の渇きを感じるのですが、その時にはすでに遅く、熱中症の状態になってしまうとのこと。

そしてもう一つの原因としてあげられていたのがビールでした。
夏の暑い日にビールって最高ですよね?
でも、ビールなどのアルコールは身体の中で熱に変わってしまうので良くないようです。
こういった場合はやはり、塩分を含んだ水などで水分補給することが必要だったようです。

そもそも熱中症とは?

熱中症とは
昭和大学病院救命救急センター長の医学博士:三宅康史先生によると熱中症とは夏の暑さにより37度に体温が保てなくなり、37度以上になってしまうことを言うようです。

熱中症の体験談2:足のつり+吐き気>

足のつり
続いての体験談は浅川尊美さん66歳。

浅川さんは66歳ながらフルマラソンを完走するなど体力には絶対の自信があったそうです。
私もマラソンの経験がありますが、フルマラソンを完走するというのは並大抵の体力ではないと思います。

2010年の7月
それほど気温も高くなかったので仲間とランニングをしていても快調に飛ばしていたという浅川さんですが、しばらくすると足に痛みがきて、足がつったり、水分補給しても気分が悪い。
そしてお風呂に入ると痛みは悪化し、救急搬送へ。

暑い中で足がつったら熱中症?

三宅康史先生によると、
暑い環境の中で足がつるということは熱中症と考えた方がいいとのことです。

足のつりは血流不足によって末端に酸素や栄養が届かなくなり、筋肉が活動できなくなって起こるのですが、これに吐き気が重なるととても危険だと言います。

吐き気があるということは熱中症対策として有効な塩分や水分補給ができないということになりますから、自力では治せない、つまり病院に行かざるをえないのです。

さらにお風呂に入ったのは最悪。水風呂なら良かったのですが、体を冷やさなければいけない状態で温めてしまうのはNG。

熱中症の体験談3:汗が出なくなってしまった

続いての体験談は田村宮子さん44歳。

2010年の8月。
エアコンをつけてるからって安心しない方がいいようです。
エアコンをつけていてもエアコンが古い場合、あまり冷えずにサウナ状態になっていることもあるようです。

田村さんの場合も職場のエアコンが古くサウナ状態でものすごく汗をかいたのですが、急に汗が出なくなってしまったようです。

そして帰宅してから頭が痛くなり、風邪かなと思って薬を飲んで寝たが、41度の体温があり、これ以上体温が上がったら死んでしまうと言われてしまいました。

風邪と似た症状の場合の熱中症対策

風邪と似た症状
熱が出る、頭痛がする、寒気がする
といった場合、風邪を疑いがちですが、暑いのに汗が出ないというのは脱水症状でありますし、風邪と似た症状があっても熱中症を疑うべきかもということです。

暑いのに汗が出ない場合の対処法としてはまず何よりも水分補給をすることが大事になってきます。

熱中症の危険度

熱中症診療ガイドライン2015によると
熱中症の危険度は3段階に分かれると言います。

危険度1:めまいや立ちくらみ

運動してないのに足がつったり、筋肉痛が起こる場合や大量の汗をかく場合もこの段階に入るようです。
この場合の対処法はまず涼しい場所に移動すること、そして体を冷やしたり、水分や塩分、糖分を補給することです。

危険度2:頭痛、吐き気

疲れや倦怠感など仕事などの疲れによるものかなと勘違いしてしまうような症状も含まれます。
この場合の対処法は、危険度1の対応をキープしながら第三者が見守ることが重要。そして改善しない場合には速やかに病院へ。

危険度3:痙攣、意識がもうろう

ここまでくると重症です。もちろん体温が高くなる場合もこの段階に含まれます。
この場合はとにかく救急車を呼ぶことが先決です。

元プロ野球選手:立浪選手の熱中症対策

野球選手の熱中症対策
今回のゲストは元中日ドラゴンズの立浪和義選手でした。
ちなみに「オレ流!熱中症対策」と紹介されていましたが、オレ流(竜)とは落合元監督のことで使う言葉ですね^^;

立浪和義さんの熱中症対策は朝起きた時に梅干しと大量の白湯を飲むことだそうです。
これについて三宅康史先生も冷たい水では胃腸が弱まってしまうので白湯を飲むことは非常にいいと言われていました。

高齢者の熱中症対策:エアコン嫌いを説得する方法

高齢者の熱中症対策
高齢者の場合、エアコンをつけたがらない方が多いようですが、温暖化で猛暑が増えている昨今、エアコンをつけないことが命取りになることも…

そんなエアコン嫌いの方を説得する方法を教えてくださるのが
遠距離介護を支援するNPO法人パオッコ理事長:太田差恵子さんです。

作戦1:高齢者は暑さを感知しにくいということを意識してもらう

高齢者が暑いと思わなかったり喉の渇きが少ないのは感覚がだんだん鈍ってくるから

作戦2:気温が以前より上がっていることを知ってもらう

昔の暑さと今の暑さは全然ちがう。
30度を超えた合計時間は1980〜1984年が年間約200時間に対して2008〜2012年では年間約400時間と今の暑さは昔の暑さの2倍になり、エリアも拡大しているんです。

作戦3:デジタル温度計を設置する

特に寝ているところでデジタル温度計を設置する。
温度計は感覚ではなく数字でわかるのですごくいいとのこと。

この作戦によって温度計を毎日確認するようになり、ついているエアコンを勝手に消さなくなったようです。

まとめ

まだまだ若いと思っている高齢者の方は多いと思いますが、歳をとると暑さを感じにくくなるということを、いかにわかりやすく伝えるのか?ということがカギになると思います。
もちろん、自分たちの熱中症対策も忘れずに!

熱中症対策については「予防に梅昆布茶」が紹介されているこちらも参考になりますよ。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

健康カプセルゲンキの時間で紹介された熱中症対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • メンズ脱毛を福岡でするなら安いのは?【全身脱毛〜vio〜ヒゲまで】

  • 全身脱毛【渋谷でオススメな医療脱毛とサロン・メンズの口コミ人気25選★】

  • ゴリラクリニック【脱毛の口コミ評判と予約方法】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

関連記事

  • 健康カプセルゲンキの時間【腰痛・ぎっくり腰改善ストレッチのやり方】

  • たけしの家庭の医学【ししゃも2匹がツバメの巣に匹敵するシアル酸豊富な免疫力アップ食材 】

  • 世界一受けたい授業【インフルエンザ予防あいうべ体操のやり方】

  • フルーツ青汁はゲンキングや芸能人から口コミで評判なダイエットの救世主!

  • 主治医が見つかる診療所【お酢&リンゴ酢レシピ・大さじ1杯で健康効果! 】

  • 超問クイズ【お肉を食べるだけダイエットで2週間で5kg以上痩せた方法! 】