1. TOP
  2. 林修の今でしょ講座 【カビ対策!カビが潜む場所ワースト1位は洗濯機?カーテン? 】

林修の今でしょ講座 【カビ対策!カビが潜む場所ワースト1位は洗濯機?カーテン? 】

 2017/06/14 生活・家族
この記事は約 6 分で読めます。 2,117 Views
カビ対策

「風邪が治ったはずなのになぜか咳が止まらない」といったことで悩んでませんか?
その症状はもしかするとカビが原因になっているかもしれないようです。
しかもカビが原因によって亡くなる方は毎年1,000人近くいるとか…
そこで今回の林修の今でしょ講座では
100軒のお宅を徹底調査し、
「カビがいなかった家の共通点からわかった撃退法」としてカビ対策が紹介されました。

Sponsored Link

カビが生えたものは食べちゃダメ!

カビが生えたものは食べちゃダメ
カビについて教えてくれるのはカビ研究の第一人者・千葉大学真菌医学研究センター准教授の矢口貴志先生。

カビが生えても取り除いて食べればいいかと思ってしまいがちですが、カビがどこか一部にあると根を張って広がっている危険性があるということです。

カビは火を通せばいい?

矢口貴志先生によるとカビは火を通せば死にますが、カビが作った毒は火を通しただけでは死滅しないということです。
さらに私たち人間に影響するのはカビの毒の方なので、例えばカビの生えたお餅を焼いたとしても毒は残ってしまうので食べたら危険だそうです^^;

カビの毒でガンになる?

カビの毒を食べるとどのような病気になるんだろう?と思う方もいるかもしれませんが、
カビの毒を食べることによってガンになる可能性もあるとのこと。

2004年のケニアでは実際にカビの生えたトウモロコシを食べることによって125人が亡くなったそうです。

カビを見逃しそうな場所ワースト4

シャンプーボトルの泡にエクソフィアラというカビが!

お風呂場の掃除を徹底している家庭でもシャンプーボトルの側面やノズルについているカビには気づかないのではないでしょうか?
シャンプーボトルにカビを発見したのは100軒中24軒とのこと。

シャンプーボトルに潜んでいるのは猛毒カビであるエクソフィアラが潜んでいるということです。

エクソフィアラは皮膚の小さな傷口から体内に入って炎症を起こし、それが血液に乗って脳に入ってしまうことで場合によっては死に至る可能性もあるようです。

シャンプーボトルの泡はお風呂上がりに流す!

シャンプーボトルの泡はお風呂上がりに流す
ですから、エクソフィアラを防ぐためには毎日お風呂上がりにシャンプーボトルについた泡を流すことが大事だそうです。

洗剤にカビが生えなくても泡には皮膚のカスや脂が含まれているのでカビが生えることがあるということ。
つまりカビはシャンプーボトルについたカスを栄養にしている可能性があるので洗い流すことが大事だということ。

パッキンはゴシゴシ洗わずカビ取り洗剤で放置

お風呂の壁にあるパッキンはゴシゴシ洗ってしまう方が多いようですが、
パッキンをゴシゴシ洗うことで傷がついてしまうとカビが傷口の奥に潜り込んでしまうようです。

お風呂のカビ対処法として紹介されたのはカビ取り洗剤をかけたらずっと放置するということで、特に汚れがひどければラップで覆ってカビの根まで浸透するようにするといいそうです。

すでにゴシゴシしてしまっている場合にはカビを取った後で補修剤を使って傷を埋めるといいとのこと。

一番多くカビがいるのは土の中で、その土埃が風に乗ってお風呂場にくるそうで、最終的にカビの菌が残ってしまうのは天井なんだそうです。
(天井は見づらく、掃除をせず、手や目が届かないため)

天井のカビは水分を拭き取るだけでもかなり違うそうです。

キッチンの蛇口には肺炎の原因になるトリコスポロンが

キッチンの蛇口ですが、きれいに見えても裏を見てみるとカビがびっしりということがあるようです。

蛇口に潜んでいたのは肺炎の原因になるトリコスポロンというカビだそうですが、
風邪が治ったのに咳が続いてしまうのは夏型過敏性肺炎の可能性があるということ。

蛇口にトリコスポロンがいる理由はお皿を洗うときにカスが跳ねて水がたまりやすいからだそうです。

食器を洗った後で蛇口をふく

蛇口にトリコスポロンがいなかった家庭の共通点は食器を洗った後で水分を拭いていたこと。
拭いて水分を取るだけでかなり効果的なのですが、もっといいのはお皿を洗った後に蛇口の裏も洗うことだそうです。

お酢でカビ対策

クエン酸もカビ退治に効果的だそうですが、お酢でもカビ対策できるということ。
お酢を使って拭くだけでいいそうです。

観葉植物に肺炎を引き起こすカビがいた!

観葉植物に肺炎を引き起こすカビが
植木鉢の土の中に潜んでいるカビが観葉植物を通して繁殖してしまうこともあるそうです(すべての観葉植物が悪いわけではない)。

ウッドチップを敷いて観葉植物の土埃が舞わないようにすると効果的だそうです。
さらに観葉植物を置く場所をこまめに移動することもカビ対策として効果的だとのこと。

カーテンに猛毒カビがいる!?

年間500人以上の命を奪う猛毒カビとして紹介されたのはアスペルギルスフミガータスというカビ。
そしてアスペルギルスフミガータスという猛毒カビがいる場所として紹介されたのはリビングのカーテンでした。

ホコリだと思っているものも多くはカビだということです。

アスペルギルスフミガータスを免疫力の落ちた方が吸い込むと肺にカビが生えてしまうことがあるということ。

カビで亡くなる方のほとんどがアスペルギルスフミガータスが原因だということ。
(1,000人のうち約半分)

カーテンのカビ対策は網戸のホコリを取る

カーテンにカビがいなかった家庭の共通点は網戸のホコリを取っていたことでした。
網戸は小さな目に土埃がたまっていて、その中にカビの胞子が多く含まれているので拭いてホコリを落とすことが大事だとのこと。

すでにカビがついている場合にはカビが増える前に塩素系の洗剤を使って洗濯をするといいとのこと。

エアコンにもカビが潜んでいる

エアコンの内部は冷房によって湿気が起こり、カビが生えやすく、フィルターにもホコリが溜まりやすいのでホコリの中のカビを部屋中に撒き散らしている状態になっていることもあるようです…

エアコンのカビ対策としてはフィルターを定期的に掃除することのほかに
エアコンの内部が湿気らないように乾かしてあげるために使い終わった後で30分くらい送風にするといいそうです。

洗濯機に猛毒カビが!?

洗濯機に猛毒カビが
カビを見逃しそうな場所ワースト1位に選ばれたのは洗濯機でした。
実に100軒中60軒から見つかったそうです。

家の中に潜んでぜん息を引き起こす猛毒カビとして紹介されたのはクラドスポリウムというカビでした。

洗濯機にフタを開けて衣類を入れない

洗濯機は構造上、湿気が溜まりやすいのでカビが繁殖しやすいのですが、
湿気を取り除くことによってカビが撃退できるようです。

ポイントは以下の2つ

  • 洗濯機のフタを開ける
  • 洗濯機に衣類を入れない

洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽の掃除は水かお湯を洗濯槽いっぱいに張って専用洗剤でつけおき洗いをするといいそうです。
水よりもお湯の方がいいとのこと。

まとめ

一人暮らしの家と専業主婦がいる家ではやっぱり専業主婦の家の方が換気がしやすいのでカビができにくかったようです。
掃除が頻繁にできなかったとしても換気を常にしておくということが大事なようですね。
ですから色々なカビ対策が紹介されましたが、忙しくてそこまでしてられないという方は換気だけでもしておきましょうね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

カビ対策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • メンズ脱毛を福岡でするなら安いのは?【全身脱毛〜vio〜ヒゲまで】

  • 全身脱毛【渋谷でオススメな医療脱毛とサロン・メンズの口コミ人気25選★】

  • ゴリラクリニック【脱毛の口コミ評判と予約方法】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

関連記事

  • 新垣結衣さん石原さとみさん【ドラマ着用腕時計はダニエルウェリントン♪】

  • カニ通販の詐欺! カニカニ詐欺に合わないために!

  • かに本舗通販歴6年の私が口コミレビューします!

  • 葬儀代がない・払えない方へ【相場より安い負担で済む方法と控除や補助】

  • 世界一受けたい授業【肺炎予防!のど運動&トレーニング3選★ 】

  • あさイチ【ミニマリストと部屋やモノの断捨離・持たない暮らし】