1. TOP
  2. たけしの家庭の医学【筋肉若返りホルモンIGF-1とアルギニンちょい足し食材】

たけしの家庭の医学【筋肉若返りホルモンIGF-1とアルギニンちょい足し食材】

 2016/11/23 美容・健康
この記事は約 5 分で読めます。 13,241 Views
筋肉若返りホルモン

私たちの体の中にはこれからも健康でいられるか、それとも病気になってしまうかということを左右してしまうある物質が存在しているんです。
その物質とはホルモン。
ホルモンは100種類以上あるのですが、このホルモンが正常に分泌されると体の調子を整えることができるということです。
そこで、たけしのみんなの家庭の医学では100種類以上あるホルモンをしっかりと分泌させて健康長寿になる方法を徹底検証してくれるとのこと。
その第1弾は筋肉若返りホルモンです。

2017年7月11日に放送された筋肉増強栄養素の飲み物についてはこちら
たけしの家庭の医学【筋肉増強栄養素ロイシンの不足を牛乳コップ1杯で補おう 】
Sponsored Link

筋肉若返りホルモンIGF-1

筋肉若返りホルモンIGF-1
東京女子医科大学の市原淳弘先生によると筋肉若返りホルモンとは肝臓から分泌されるIGF-1という名前のホルモンで、成長ホルモンの1種だそうです。
このIGF-1が分泌されると効果的に筋肉をつけることができるとのこと。

運動しても筋肉若返りホルモンを分泌できない人がいる?

ウォーキングがブームですが、筋肉若返りホルモンがうまく出せないで損をしている人が増えているそうです。

60代の女性5名に集まってもらったところ、散歩や掃除などを毎日頑張っていても、実年齢より筋肉年齢が衰えている方が4名もいらっしゃいました。
4名のIGF-1の分泌量を測るとやはり、基準値以下になっていましたね^^;

ただ運動するだけではダメな理由

筋肉を成長させるには運動が必要。
運動の刺激により、筋肉の繊維は少し太くなるのですが、健康寿命を伸ばすためには運動だけでは不十分だということ。

そこで重要になってくるのが筋肉若返りホルモンIGF-1。
これが肝臓から分泌されて筋肉に付着した状態で運動するとIGF-1が筋繊維をさらに太くする指令を出すので、筋肉はただ運動だけをした時よりも大きく成長するんです。

筋肉若返りホルモンを多く出すために大切なこと

食べ方・食事にかける時間

食べ方・食事にかける時間
筋肉年齢が衰えていると診断されてしまった篠原さんは野菜から食べているものの、無意識に早く食べてしまうことが多いそうです。

反対に筋肉年齢が若かった藤原さんは12品の朝食を1回に口に運ぶ量がかなり控えめにして、少し食べてはおしゃべりを繰り返し、朝食は43分かけていました。
昼食も小さく切って少しずつ食べて、シェフを相手に食べてはおしゃべりを繰り返し、昼食にかかった時間は35分。

つまり筋肉若返りホルモンを多く出すために大切なことの1つ目は食事にかける時間なんです。

食事にかける時間が長いほど、IGF-1は多く分泌され、
食事にかける時間が短いほど、IGF-1の分泌は少なくなる
ようです。

カギは血糖値

筋肉若返りホルモンが出やすいかどうかは血糖値が大きく関係しているそうです。
血液中の糖分が増えすぎてしまうとIGF-1の分泌を邪魔してしまうとのこと。

お二人の食後の血糖値を見てみると一目瞭然です。
食後の血糖値

ですから、血糖値を上げない食べ方というのが大事になってくるのです。

栄養素(アルギニン)が大切

アルギニン
筋肉若返りホルモンIGF-1を増やす栄養素とはアルギニン。
アルギニンといえば栄養ドリンクのCMなどでもよく聞く成分ですよね。

アルギニンはタンパク質の中に多く含まれるアミノ酸の一種で、
アルギニンが腸で吸収されると、脳を直接刺激して、脳から肝臓にIGF-1を分泌せよと指令が出るとのこと。

アルギニンの摂取量

アルギニンが豊富なのは鶏肉や豚肉などの動物性たんぱく質やお豆腐や油揚げなどの大豆製品ですが、1日にどれくらいとれば効果的なのでしょうか?

市原淳弘先生によると、アルギニン1日に約5gとるとIGF-1の分泌を効果的に生み出すことができるそうです。

・1日3食のアルギニン合計量
藤原さんはアルギニン9g
篠原さんはアルギニン3g

藤原さんは十分足りていることが分かりますね。

ちょい足しアルギニン食材で筋肉回復

筋肉損している人が1週間でどれだけ損を取り戻せるか?ということなのですが、
番組でおすすめされていたのは普段のご飯にアルギニン豊富な食材を1品足すだけとのこと。

アルギニンちょい足し食材

番組で紹介されていたアルギニンちょい足し食材は

  • 油揚げ
  • 豆腐
  • のり
  • かつお節
  • ごま
でした。

1週間後の結果

アルギニンちょい足し食材の生活を1週間続けた篠原さんですが、
1週間後の結果は…

IGF-1基準値100に対して前回の91から103とクリア!
太ももの筋肉量は2.3kgから2.4kgと100gアップ!

まとめ

筋肉年齢が若かった藤原さんの食べ方ですが、かなり長めでしたよね^^;
私は15分で終わらすことが多いのですが、これじゃいけませんね。
特に朝食は戦争なので、45分もかけてられない…って思った方は私だけではなかったと思います。
でも食事にかける時間も大切ですが、アルギニンちょい足し食材を続けることで、筋肉量は増やせる可能性があるんですよね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

筋肉若返りホルモン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 林先生が驚く初耳学【小顔効果のメガネ選びはフレームの縦幅がポイント⁉︎】

  • 健康カプセルゲンキの時間【胃の不調対策とアニサキス検査装置i-Spector】

  • 金スマ【体幹リセットダイエットに比企理恵さんとクリスハートさんが挑戦】

  • たけしの家庭の医学【ひざ痛予防改善に週3.5個のアボカド⁉︎】

関連記事

  • あさイチ【口内炎の原因と対策・怖い病気の場合も!?】

  • この差って何ですか?【唇が乾燥しやすい・しにくい人の差と口呼吸改善イーウーオーウー体操のやり方】

  • 林先生が驚く初耳学【チーズのリン酸カルシウムが虫歯予防効果】

  • たけしのみんなの家庭の医学【レジスタントスターチで便秘改善・奥薗壽子冷やしご飯レシピ】

  • たけしの家庭の医学【飲み込み力アップ物質サブスタンスPで誤嚥性肺炎予防 】

  • あさイチ【夏のお疲れ肌ケア・紫外線・シミ・乾燥対策を吉木伸子さんが伝授】