1. TOP
  2. たけしの家庭の医学【マインドフルネスでテロメアの短くなる速度をゆるめよう 】

たけしの家庭の医学【マインドフルネスでテロメアの短くなる速度をゆるめよう 】

 2017/08/23 美容・健康
この記事は約 6 分で読めます。 3,478 Views
マインドフルネス

寿命を左右しているカギは靴ひもの先のプラスチックの部分にありました…
なんのこと言ってるのかわかりませんよね^^;
この靴ひもの先のプラスチック部分の正式名称は「テロメア」。
このテロメアの長い短いが寿命の長さと関係していることがわかってきたそうです。
そこで今回のたけしの家庭の医学では寿命と関係しているテロメアとテロメアが短くなるスピードをゆるめるマインドフルネスについて紹介されました。

Sponsored Link

テロメアが老化を止めて寿命を延ばすカギ

ノーベル医学生理学賞を受賞したアメリカの分子生物学者エリザベスブラックバーン博士の書いた本には全身の老化を止めて寿命を長くするキーワードとしてShoelaces「靴ひも」と記されているとのこと。

・エリザベスブラックバーン博士の著書

寿命を左右する身体の中の靴ひもを捉えた顕微鏡画像を見て、さらに拡大してみると
靴ひものような物体があり、その先にある赤い靴ひものプラスチックのようなものを医学的な正式名称ではテロメアというとのこと。
テロメア

この赤い部分=テロメアは若いとしっかりあるのですが、加齢によってテロメアが小さくなってしまうそうです。

つまり加齢によってテロメアが短くなるので、テロメアが寿命と関係しているということです。

テロメアの長さと寿命との関係

京都大学生命科学研究科の石川冬木先生によると
人間の体の細胞は約60兆個あり、1つの細胞の中には46本の靴ひも(テロメア)が並んでおり、1個でもテロメアが短くなると靴ひもの端がばらけてしまい、体調が悪化して寿命が短くなるそうです。

テロメアが短くなる理由

テロメアは細胞分裂が繰り返されることによって短くなるとのことですが、
数百回分裂するとギリギリまで短くなってしまうようです。
ここまでくると細胞分裂を行わないようになるので、古い細胞がずっと生き残ってしまい、新しい細胞が作られないため老化が進んでしまうとのこと。

テロメアは病気とも関係

テロメアは寿命だけでなく、様々な病気とも関係していることが世界中の研究者から報告されているそうです。

  • テロメアが長い人=病気になりにくい
  • テロメアが短い人=病気になりやすい

がん

愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎先生によるとテロメアが短いと長い方と比べてがんになるリスクが3〜4倍高いということ。

つまりテロメアを長く保つことができればがんの発症リスクが低くなり、がんの予防効果も期待できるということです。

血管・動脈硬化

千葉大学大学院教授の横手幸太郎先生によると動脈硬化が進んでいる人や動脈硬化の結果、死亡してしまう人はテロメアが短いという報告が相次いでいるということ。

認知症

国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生によるとテロメアが短いと脳機能が低下したり、海馬が萎縮したりといった報告が出てきているので、
テロメアの長さを測ることが認知症のなりやすさや認知機能の低下と関係が深いと思うとのこと。

テロメア【長い・短い】の原因

物事の考え方でテロメアの長さは変わる!

同じ出来事であっても受け止め方によってテロメアの短くなるスピードが変わってくるようです。

テロメアの短くなるスピードチェック

・孫へのプレゼントを孫が喜ばなかった場合
A:失敗したと後悔する
B:好みがわかってよかった

・小旅行中に車に小さな傷ができた場合
A:運転しなければよかったと後悔
B:傷は気にせずに旅行を楽しむ

・健康診断のお知らせが届いた場合
A:悪い病気が見つからないか心配になる
B:どこが悪いのかしっかり検査しようと思う

このチェックは物事をネガティブに考えやすいかポジティブに考えやすいかの問診だということ。
A=ネガティブ
B=ポジティブ

そしてネガティブな人はテロメアをより早く短くしてしまうそうです。

面接ダブルストレス検査

2人の面接官の前で「自分の長所と短所」というテーマで5分間スピーチをしていただきますという検査。

  • ダブルストレス1:いきなり人前で話せと言われる
  • ダブルストレス2:面接官は一切反応せず無表情

これは嫌な出来事を体験する前と体験した後のストレスの受け止め方をチェックした検査だということ。

そして嫌な出来事を体験する前のストレスの受け止め方が重要だということ。
ですから、テロメアをより早く短くする危険なネガティブ思考とは物事が起きてないのに悪い未来を先読みしてしまう悲観的な考え方だそうです。

悪い未来を先読みする方はそうでない方と比べて長くストレスを感じてしまいがちなのでテロメアが早く短くなりがちなようです。

テロメアを長く保つ方法

アメリカカルフォルニア大学サンフランシスコ校
エリザベスブラックバーン博士との共同研究者であるエリッサエペル教授によると、マインドフルネスをするとテロメアが短くなるスピードをゆるめられるということです。

マインドフルネス

・マインドフルネス入門

そのテロメアの短くなるスピードをゆるめられる方法はマインドフルネスでした。
マインドフルネスによってテロメアを伸ばすたんぱく質が分泌すると期待されるようです。

・世界一受けたい授業で話題になったマインドフルネス

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは直訳すると「心を満たす」となるようですが、アメリカの有力誌「TIME」がマインドフル革命と題して特集を組んで話題となり、
ゴールドマン・サックスやNBAの選手などがマインドフルネスを実践、
日本の医学界でもうつ病や慢性痛に効果が期待されているということです。

カリフォルニア大学のヘレンラブレツキー博士はマインドフルネスがなんなのか?という質問に対して「自分の呼吸を聞くことだ」と言っているとのこと。

マインドフルネスのやり方

ヘレンラブレツキー博士が推奨するマインドフルネスのやり方です。

1)背筋をまっすぐにしてイスに座ります。
マインドフルネスのやり方1
2)目を閉じて、楽な位置に手を置いたら、普段通りに深呼吸します。
マインドフルネスのやり方2
3)3分間行います。

この時、今自分がしている呼吸の音を聞くのがポイントのようです。
毎日複数回行うのがオススメとのこと。

マインドフルネスによってストレスが軽減されるのでテロメアを守ってくれる効果が期待できるようです。

まとめ

ネガティブが健康や寿命に影響しているというのはなんとなくわかっていた方もいるかもしれませんが、
もしネガティブであってもマインドフルネスによってストレスを軽減するということが重要なようですね^^
朝起きた時や夜寝る前など習慣化したいですね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

マインドフルネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • メンズ脱毛を福岡でするなら安いのは?【全身脱毛〜vio〜ヒゲまで】

  • 全身脱毛【渋谷でオススメな医療脱毛とサロン・メンズの口コミ人気25選★】

  • ゴリラクリニック【脱毛の口コミ評判と予約方法】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

関連記事

  • 産後の抜け毛対策シャンプーランキング【市販より専用のススメ】

  • 主治医が見つかる診療所【体を柔らかくする肩甲骨周り・太ももの裏・お尻のストレッチ】

  • 金スマ【肩こりに筋膜リリースの効果がスゴい!】

  • ダイエットの運動にウオーキングやジョギングがオススメできない2つの理由

  • 林修の今でしょ講座【毛細血管検定と増やし方・ゴースト血管化しないために 】

  • 健康カプセルゲンキの時間【病気にならない食べ方】酢ショウガソーダの作り方と食事選びの指標