1. TOP
  2. 妊娠
  3. 妊娠線が太ももに!もう消すことはできないの?

妊娠線が太ももに!もう消すことはできないの?

 2016/10/12 妊娠
この記事は約 5 分で読めます。 3,980 Views
妊娠線が太ももに

妊娠線が太ももにも出来てたら、もう消すことが出来ないのかな?って悩んじゃいますよね。それはショックな出来事です。
お腹の妊娠線は最初から気にしている人も多いみたいですが妊娠線はお腹だけとは限らないんです。
だから意外と太ももは見逃してしまいがちなんです。
でも、妊娠線がお腹だけではなくてなぜ太ももにも出来るのか、消すことはできないのか?知りたいことを少しずつ解明していきましょう。

Sponsored Link

太ももの妊娠線は消すことはできないの?

太ももの妊娠線は消すことはできないの?
太ももや足にできた妊娠線ですが、薄くはなるけど完全に消すのはむずかしそうです^^;

でも、皮膚に亀裂が生じで出来た妊娠線ですから、妊娠中に気が付いたのであれば、お腹のマッサージと一緒に妊娠線予防クリームやマッサージオイルなどで良く塗りこむことで薄くすることは可能です。

皮膚を柔らかくすることで、皮膚自体も保湿されていきますし、
肌そのものもきれいになっていくので、出来る限りの手を尽くしてあげることでこれからの妊娠線は未然に防げると思います。

後、これ以上の体重の増加は出来るだけ少なくして、現状維持させることが大事になってきます。

マッサージは持続することが大事です。
妊娠線をこれ以上は増やさないようにして、太らなければ目立たなくなっていく可能性も高くなってくるようです。

妊娠線のためにも健康のためにも妊娠中や出産後の体重の増加には気を付けるように努力することが大事ですね^^

そもそもなぜ妊娠線が太ももにも出来るの?

なぜ妊娠線が太ももにも出来るの?
妊娠線が太ももにできる理由の1つは妊婦さんの体重の増加にあるんです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を与えるために、どんどん食べなければって言われますけど、
妊婦だからと言って動きもせずに栄養のあるものを食べていれば、赤ん坊に栄養を与えると同時に妊婦さん自身も自分の体にも必要以上の栄養が回りすぎてしまいますよね…

妊娠していなければ運動したりして食べたエネルギーを筋肉に替えたりできるのですが、妊婦は大事を取っていますから、あまり動きません。

つまり、
食べる⇒動かない⇒太る

といったことですね^^;

エネルギーに変えるどころか脂肪をつけてしまい、まっしぐらに体重の増加へと進んでしまいます。

ただでさえ、お腹の赤ちゃんが育ってくれば重たくなってくる体重なのに、輪をかけて妊婦さん自身が太ってしまえば、細い脚では踏ん張ることも出来なくなるので、
足にも肉はついてきます。

妊娠線で悩むことが多いお腹と同じで、
お腹の重さを支える太ももの付け根付近も、お腹とおなじように妊娠線が出てしまうということなんですね。

ということで、まずは妊娠中は必要以上に太らないことが大事です。

妊娠したらなぜ太るの?

妊娠したらなぜ太るの?
妊娠して太る理由は、お腹の赤ん坊にせっせと栄養を与えている間、動かない、つまりカロリーを消費しないことが多いため、自分自身も太ってしまうからです。

・太る理由=カロリー収支についてはこちらも参考になります。

栄養は母体からあげるので、大元の母親がしっかり食べて栄養を付けなければならないからどうしても太りやすいんですよね^^;

でも、ただ食べているだけではかえって内臓脂肪や皮下脂肪をつけてしまったり…
元気な赤ちゃんを産むためにも健康な母体でいるよう気を付けたいところです。

多少ポッチャリしてるくらいなら別に問題ではありませんが、
これから生まれて来る赤ちゃんのためにも、太ももの妊娠線対策のためにも、足腰は重たいでしょうけど買い物などには自分の足で歩いて少しでも体を動かすことをオススメします。

それとやっぱり、
大事にし過ぎると余計にお腹に脂肪もついてくると思うので、ある程度の運動は必要かもしれませんね!

クリームを使った妊娠線のマッサージも腕や上半身の運動になりますよ。
このマッサージはお風呂の後で行うのが効果的なんです。

・妊娠線のケアについてはこちら

外に出るのが面倒という方は、家の階段の上り下りを何回かやれば、いい運動になりますし、エネルギーが燃えやすくなりますよ。
適度な筋肉をつけて元気な赤ちゃんを出産してくださいね!

まとめ

妊娠線はお腹だけではないというのは身をもって実感しています。
一度できた妊娠線は完全に消すことはできませんが、クリームやオイルマッサージで皮膚を柔らかくしていけば、皮膚にくっきり出ていた妊娠線が肌に溶け込んでいくみたいに目立たなくはなっていきます。
オススメの妊娠線予防クリームはこちら

ただし太ってはだめですよ。せっかく目立たなくなった皮膚が膨張すれば、妊娠線がくっきり浮かび上がってきます。
目立たせないためにも体重の増加は注意が必要です。
私の反省点は妊娠線もそうですが、出産後のぷよぷよお腹を退院したら直ぐコルセットをして引き締めておかなかったことです。
コルセットをすぐ付けておけばたるんだお腹ももとに戻りやすいという事のようです。
これから出産する方、参考になれば嬉しいです!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

妊娠線が太ももに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 全身脱毛が大宮で安い!口コミでおすすめの人気サロン6選

  • 林先生が驚く初耳学【ショートヘアが似合うか見分ける5.5cmルールとは】

  • 世界一受けたい授業【梅雨便秘のタイプ別解消法!キウイもおすすめ】

  • 脱毛を天神でしたいけどビューティーララの口コミってどう?

関連記事

  • つわりが朝だけつらいなら何か食べれば治まりますよ(^ ^)

  • 妊娠線はいつから出るの?ケアはどうすればいいの?

  • 愛され葉酸サプリ【後藤真希さん愛用】たった3粒に栄養素たっぷり♪

  • マタニティフォトの衣装って通販する?レンタルする?それとも手作り?

  • バイオイルは妊娠線予防効果あり?【消えたという口コミはある?】

  • 妊娠中の体重管理4つのコツ【増えすぎも増えないもNG!】