1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 世界一受けたい授業【5秒筋トレ第3弾!おなか・お尻・太ももを鍛えて基礎代謝アップ】

世界一受けたい授業【5秒筋トレ第3弾!おなか・お尻・太ももを鍛えて基礎代謝アップ】

 2017/11/12 美容・健康
この記事は約 5 分で読めます。 39,241 Views
5秒筋トレ

肌を見せるような服を着る機会もぐんと減って、少しくらいたるんでもバレないか?っていう季節がしばらく続くと思っていませんか?
実は冬こそダイエットしやすい季節なんだそうです。
今回の世界一受けたい授業では冬が痩せやすい理由と大好評!5秒筋トレの第3弾が紹介されました!

Sponsored Link

冬はダイエットの季節?

冬はなんとなく溜め込みやすい季節=太りやすいと思っている方が多いようですが、
実はなんと、冬は痩せやすいそうです。

冬は基礎代謝が上がるから痩せやすい!

冬は基礎代謝が上がるから痩せやすい
冬が痩せやすい理由は、気温が低くなると体温を維持するために基礎代謝が上がるからということ。

基礎代謝とは安静にしてても消費されるエネルギーのことで、
つまり寝ていても自然と消費されるエネルギーとのこと。

基礎代謝とダイエットの関係はこちらも参考にしてみてください。

つまり、基礎代謝が上がることによって脂肪が燃焼しやすくなり、痩せやすい体になるということです。

・基礎代謝消費量TOP5

  • 1位:筋肉
  • 2位:脳
  • 3位:肝臓
  • 4位:心臓
  • 5位:腎臓

体の中で基礎代謝が1番多いのは筋肉ということなのですが、
2位から5位までは自分でコントロールできない臓器なのに対して、筋肉は自分でコントロールできるということもポイントになってくるようです。

ですから筋肉を鍛えることがダイエットの近道だということ。
参考:筋トレこそがダイエットの運動にオススメな理由

カンタン!5秒筋トレ【第3弾】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5秒腹筋劇的腹やせトレーニング [ 松井薫 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/11/12時点)

今回の5秒筋トレは食事制限なしで2週間の5秒筋トレに挑戦して太りにくい体を手に入れた武田修宏さんとマック鈴木さんに続く第3弾。

・武田修宏さんの5秒筋トレはこちら

・マック鈴木さんの5秒筋トレはこちら

教えてくれるのはもちろん、フィットネストレーナーで国士舘大学特別研究員の松井薫先生。

5秒筋トレのポイント

5秒筋トレはイメージすることがポイント

5秒筋トレは頭の中でしっかりとイメージすることがポイントということで、
立ったままで行う5秒腹筋の場合には「空き缶を潰す」ことをイメージして行うだけで通常の5倍以上の運動量になるということです。

【ガンバレ!】と筋肉に話しかける

2つ目のポイントとして紹介されたのは「腹筋!ガンバレ!」と筋肉に話しかけながら行うこと。
話しかけることによって意識が筋肉に集中するのでより効果がアップするそうです。

5秒筋トレのやり方

二の腕の5秒筋トレ

鍛えるのは二の腕の後ろ側にある上腕三頭筋ということです。

1)頭の後ろで手のひらを合わせて両手を強く押し付けます。
二の腕の5秒筋トレ1
2)手のひらを合わせたまま5秒かけて45度になるまで前方へゆっくりと動かします。(指先からビームを出すようなイメージで)
二の腕の5秒筋トレ2
3)元の状態(頭の後ろ)に戻して1回とし、1セット10回を1日3セット行います。

ふくらはぎの5秒筋トレ

鍛えるのは腓腹筋という筋肉。

1)腰に右手を当てて左手は上にあげ、正面に向けます。
ふくらはぎの5秒筋トレ1
2)右太ももをあげて、左足はつま先立ちになります。
ふくらはぎの5秒筋トレ2
3)指の先をロープで縛られて上からつられているイメージで5秒キープします。
左右5回ずつを1セットとして、1日3セット行います。

太ももの5秒筋トレ

鍛えるのは大腿四頭筋という太ももの前側にある筋肉。

1)タオルを足ではさみ、両手は腰に置きます。
太ももの5秒筋トレ1
2)かかとを浮かせながら、ヒザを正面に曲げた状態で5秒キープします。
太ももの5秒筋トレ2
3)正面の次は左や右に倒しながら行い、正面・左・右を5秒ずつを1セットとして1日6セット行います。
太ももの5秒筋トレ3

お尻の5秒筋トレ

鍛えるのは大臀筋というお尻の筋肉。

1)仰向けにあり、手を左右に広げてヒザを立てます。
お尻の5秒筋トレ1
2)息を吸いながら腰をゆっくり上げて、腰が上がりきったところで息を吐いて5秒キープします。(背中の下から傘が開いてくるイメージで)
お尻の5秒筋トレ2
3)10回を1セットとして1日3セット行います。

おなかの5秒筋トレ

鍛えるのは腹斜筋という筋肉。

1)腕立て伏せの姿勢になり、左足を右かかとに乗せて、右足のつま先を立てたら、左手を少し引きます。
おなかの5秒筋トレ1
2)5秒かけて左を向くように腰をひねります。(体が雑巾になって絞られるイメージで)
おなかの5秒筋トレ2
3)左右10回ずつを1セットして1日3セット行います。

まとめ

最近、かなり色々な番組で筋肉とダイエットの関係について紹介されていますね!
でも、筋肉をつけるといってもハードな筋トレは必要ではなく、今回紹介されたような5秒間でできる筋トレなら続けられそうな気がしませんか?
少しの運動で効率よく筋力をつけるHMBサプリ「トリプルビー」も合わせるといいかも♪

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

5秒筋トレ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 永久脱毛とは?【徹底比較!安いサロンvs効果のクリニック】

  • 全身脱毛が早い安い【最短クリニックvs格安サロン】

  • 金スマ【ゼロトレ1日たった5分でウエスト-13cm!】

  • リンクスのメンズ脱毛が口コミで評判なのは効果が高いから?

関連記事

  • 超問クイズ真実かウソか【もち麦ダイエットで犬童舞子さんが2週間で5kg痩せた方法】

  • 医療脱毛が大阪で安いのは?【口コミで人気のレーザー脱毛クリニック10選】

  • サタデープラス【ピカ子流引き算メイクで-5歳肌】

  • 産後の抜け毛に悩むママにおすすめの髪型&対策8選

  • 脱毛を天神でしたいけどビューティーララの口コミってどう?

  • 毛深いから脱毛したいけど恥ずかしい人へ