1. TOP
  2. 世界一受けたい授業【肺炎予防!のど運動&トレーニング3選★ 】

世界一受けたい授業【肺炎予防!のど運動&トレーニング3選★ 】

 2017/09/30 生活・家族
この記事は約 5 分で読めます。 444 Views
肺炎予防

日本人の死因で1位のがん、2位の心疾患に続く、第3位となっているのが肺炎なんだそうです。
肺炎というと風邪をこじらせてというイメージがあると思いますが、実は高齢者の肺炎の約7割が誤えんが原因だということ。
そこで今回の世界一受けたい授業では誤えんの原因となっている飲み込み力の低下をのどを鍛えて防ぐ方法について紹介されました。

Sponsored Link

肺炎がいやならのどを鍛えろ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい [ 西山耕一郎 ]
価格:1199円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)

「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」は30万部を突破したベストセラー。
著者は東海大学客員教授・西山耳鼻咽喉科医院の西山耕一郎先生。

「主治医が見つかる診療所」でも紹介されていましたね^^

誤えん患者の正しい応急処置

西山耕一郎先生によると誤えんによって苦しんでいる患者さんの正しい応急処置は以下の通り。

  • 呼吸をしているかどうか確認する
  • 上半身を倒してもらう
  • 背中をたたきながら咳をして詰まっているものを出させる

気道を水平にする姿勢になってもらった状態で背中をたたいて咳をさせます。
気道を水平にする姿勢
そして可能であれば口の中に異物がないかどうか確認して、異物がある場合にはかき出してあげるといいようです。

間違った応急処置

まっすぐの姿勢で背中をたたいても逆に肺の奥に入ってしまうということ。
そして、水を飲ませるのもむせてしまうのでよくないそうです。

誤えんを防ぐ2つのコツ

軽くうなずく

誤えんが起こってしまいやすいのは飲み込む瞬間に上を向いてしまっている時だということです。
上を向いて飲み込んでしまうと気道の蓋がしづらくなってしまい、食べ物が気道に入りやすくなってしまうようです。

ですから、誤えんを防ぐには飲み込む瞬間にうなずくといいとのこと。

息を吐く

ビールの後に息を吐くように、食べた後にも息を吐くと、誤えんしかけていても息と一緒に出せるので、さらに誤えんを防ぐのに効果的なようです。

飲み込み力チェック

  • 上向きでペットボトル飲料を飲むとよくむせてしまう
  • (レストランなどで)声をかけても無視されることが多い
  • 最近、歩く速度が遅くなってきた
  • 大きめの錠剤が飲みにくい
  • 食後直後になぜかガラガラ声になることがある
このうち2つ以上当てはまっていると飲み込み力が弱くなっている可能性があるようです。

のど仏チェック

のど仏を見れば飲み込み力の衰えがわかるということ。

のど仏の位置をチェック

食べ物などを飲み込む時に欠かせないのがのど仏を支える筋肉で、年齢とともにのど仏の位置は下がってくるそうですが、理想的なのど仏の位置は首の中央より上だということ。
のど仏の位置をチェック

そしてのど仏が下がってしまっていることは、のどの筋肉が衰えたサインのようです。

のど仏の動きをチェック

食べ物などを飲み込んだ時にのど仏が2cm以上動くかどうかチェックします。
のど仏が2cm以上動くか

女性がのど仏を見つける方法

女性はのど仏を見つけづらいですが、女性にものど仏はあるということ。
女性ののど仏の見つけ方は「イー」とのどに指を添えて音程を上下させると突起が動くのがわかるということ。

それでもわからない場合には、つばを飲み込んだ時に2〜3cm移動するのがのど仏だということです。

【のど運動3つ】でのどを鍛えろ!

あご持ち上げ体操

1)両方の親指を下あごに押しあてて、あごを引きながら押し返します。
あご持ち上げ体操1
2)この時、5秒間「イー」と口を広げてのど仏周辺に力を入れます。
あご持ち上げ体操2

朝昼晩の食事の前に5秒×10回行います。

吹き矢トレーニング

1)紙とセロテープを用意します。
吹き矢トレーニング1
2)大きい紙を直径2cmほどに丸めて筒を作ります。
吹き矢トレーニング2
3)小さい紙を丸めてテープで固めます。
吹き矢トレーニング3
4)3で作った玉を2で作った筒に入れたら、息を吹いて50cm先に置いたペットボトルを倒します。
吹き矢トレーニング4

1日5分程度行います。

ハイトーンカラオケ

高いキーの曲を歌うことでのど仏を動かす筋肉が鍛えられるとのこと。

西山耕一郎先生が紹介してくれたのは堺正章校長のヒット曲「さらば恋人」

「さよならと書いた手紙」と低い音程から始まり、
「いつも幸せすぎたのに」と徐々に高い音程に上がっていく
といった楽曲がオススメだそうです。

まとめ

誤えんは若い人でも起こりうると紹介されていましたが、
圧倒的に確率が高いのはご高齢の方なので、みなさんのご家族にのどの力が弱くなってきているかな?という方がいましたらぜひ今回の、のど運動を教えてあげてくださいね!

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

肺炎予防

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • この差って何ですか?【肌ツヤが良い人と良くない人の差・最強食材とんかつとこんにゃくレシピ!】

  • 全身脱毛【横浜で安いサロンと医療クリニック・メンズ脱毛を口コミを交えてご紹介】

  • 札幌で全身脱毛【サロンや医療脱毛で安いと口コミで人気なのは?】

  • 全身脱毛が新宿で安いサロン【口コミ人気10選★】

関連記事

  • 林修の今でしょ講座【アレルギー新事実・昆布でTレグ細胞を増やして食物アレルギー予防に】

  • 世界一受けたい授業【マインドフルネスのやり方・最高の休息法の効果】

  • ホンマでっかTV【スーパーとコンビニの新常識16選★単色チラシと急な雨の日がお得!? 】

  • お正月用のおせちはもう作らない!買った方が美味しいのはなぜ?

  • 林先生が驚く初耳学【スマホ料金の滞納で将来家が買えなる?】

  • 情熱大陸【コピーライター佐々木圭一さん・伝え方が9割であと1割は? 】