1. TOP
  2. 世界一受けたい授業【マインドフルネスのやり方・最高の休息法の効果】

世界一受けたい授業【マインドフルネスのやり方・最高の休息法の効果】

 2016/10/23 生活・家族
この記事は約 4 分で読めます。 17,418 Views
マインドフルネス

アップルのスティーブジョブズや23個の金メダルを獲得したマイケルフェルプス選手、テニス世界ランク1位のノバクジョコビッチ選手といった世界のトップアスリートやエリートが行っているのは瞑想なんです。
脳疲労がなくなって頭が冴えるという最高の休息法「マインドフルネス」について紹介されました。

Sponsored Link

マインドフルネス

マインドフルネス
マインドフルネスとは禅や瞑想など心を無にすることの効果を科学的に解明したもので、ストレスなどによって疲労した脳の疲れをなくし、頭が冴える最高の休息法のこと。
マインドフルネスについて教えてくださるのは久賀谷亮先生(元エール大学精神科医)です。

マインドフルネスの効果

久賀谷亮先生によるとマインドフルネスの効果は、短時間で頭がスッキリし、ストレスの軽減や集中力のアップにも役立つそうです。
現在ではYAHOOなど有名企業でも導入されているということ。

マインドフルネスで記憶力アップ

2ヶ月間マインドフルネスを行ったところ学習や記憶に関わる海馬という部分の密度が増加し、記憶力テストでも平均点がアップしたそうです!

マインドフルネスで免疫力もアップ

免疫力もアップ
血中の抗体が未経験者に比べて多くなることで免疫力がアップする効果も期待でき、うつ病患者の再発防止効果も生んでいるということ。

マインドフルネスで脳疲労が軽減される理由

疲労感やストレスによって起こる体調不良の原因は脳疲労が大きく関わっているのですが、それは考え事をするときに活動する後帯状皮質などの脳回路の過剰活動によるものだということ。
この後帯状皮質は常に動き回っているため休むことができないんですね。
そこでマインドフルネスを行うことによって意識的に後帯状皮質を休ませることができるということなんです。

下の画像は左がマインドフルネス未経験者、右が経験者で、赤い部分が脳の過剰な活動になるのですが、
マインドフルネス経験者は脳の過剰な活動がほとんどないことがわかると思います。
マインドフルネス経験者は脳の過剰な活動がほとんどない

ポイントは今だけに意識を向けること

意識は常に過去や未来に向かいがちですが、解決しない問題のことばかり考えてしまうと脳が無駄に疲労してしまうようです。
そこで今だけに意識を向けることによって無駄なことを考えず、脳疲労を抑えられるということ。
具体的には今している呼吸を感じること。

ストレス軽減には質の良い睡眠が大事なのですが、寝る前の飲酒やパソコン、スマホなどによって質は落ちてしまっている人が多いんです。
そこでおすすめなのが朝10分ほどのマインドフルネス。
これによって睡眠で取ることのできなかった疲労が取れるということ。

佐藤栞里さんがマインドフルネスを体験!

宿題として佐藤栞里さんが2週間マインドフルネスを体験されたそうです。

まずは佐藤栞里さんに単純な計算問題を60分解いてもらいました。
これは計算力のテストではなく集中力のテスト。

ここでマインドフルネスを実践。
そして2週間1日10分のマインドフルネスを2回以上ずつ行いました。

2週間後に最初にやったのと同じ計算問題を解き、成績がアップしたかを比較することに。
その結果は
324問→545問と221問もアップ!

広尾学園の中学生にも試してもらったところ
1175問→1288問と113問もアップ!

佐藤栞里さんはマインドフルネスをやってみて睡眠の質も良くなったと言っていました。
ノンストップで寝られるようになり、すっきり目覚められるようになったそうです。

マインドフルネスのやり方

1)自分の体の前で手を軽く合わせます。(手と手の温かさに注意を向けます。)
マインドフルネスのやり方1
2)手をゆっくりと上へ伸ばしていきます。(血液が流れているので血の気が引くような感覚になります)
マインドフルネスのやり方2
3)手をグーっと握ります。(筋肉が収縮し指同士が触れている感じ)
マインドフルネスのやり方3
4)ぐるっとまわしながら下ろします。
マインドフルネスのやり方4
5)最後に手を前で合わせます。
マインドフルネスのやり方5

10分間1日2回以上で脳の休息に効果が期待できるそうです!

まとめ

このマインドフルネスは自分の脳の休息のためだけではなく、長く続けることによって思いやりや感謝の気持ちなどが育まれていくということ。
もしかしたら、脳に疲労がなくなり少し余裕を持てることで周りのことにも気を使えるようになるのかもしれませんね。
周りの人への気配りにはまず自分からということだと思います。
ストレス社会と言われて随分経ちますが、マインドフルネスで気持ちに余裕を持って頑張りたいですね!

ストレスを減らして行くことといえば、必要最低限で生活するミニマリストの持たない暮らしも参考になるかもしれません。
参考:ミニマリストの「持たない暮らし」

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

マインドフルネス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • メンズ脱毛を福岡でするなら安いのは?【全身脱毛〜vio〜ヒゲまで】

  • 全身脱毛【渋谷でオススメな医療脱毛とサロン・メンズの口コミ人気25選★】

  • ゴリラクリニック【脱毛の口コミ評判と予約方法】

  • レジーナクリニックの全身脱毛の口コミは料金より効果への評価が多い!

関連記事

  • 手荒れが痛いならハンドクリーム選びに注意【おすすめなのはコレ!】

  • 世界一受けたい授業【科学的に元気になる方法まとめ・手浴や作り笑顔の効果 】

  • 林修の今でしょ講座【アレルギー新事実・昆布でTレグ細胞を増やして食物アレルギー予防に】

  • ガイアの夜明け【在宅医療の課題と取り組み 】

  • その原因Xにあり【心筋梗塞を運動負荷心電図検査で未然に防ぐ方法 】

  • 健康カプセルゲンキの時間【更年期障害にホル活!橋本病との勘違いに注意 】