1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 名医のTHE太鼓判【腰痛・肩こりの原因と3つのトリガーポイントをほぐす方法】

名医のTHE太鼓判【腰痛・肩こりの原因と3つのトリガーポイントをほぐす方法】

 2018/01/15 美容・健康
この記事は約 6 分で読めます。 5,043 Views
トリガーポイント

このミセスラボでも何回もご紹介している通り、国民病とも言われている腰痛と肩こり。
悩んでらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
整体や指圧に通ったり、通うことを考えている方もいるかもしれませんが、
今回の名医のTHE太鼓判では「腰痛や肩こりを引き起こす体のゆがみ解消SP」として腰痛・肩こりの原因ゆがみリセット術が紹介されましたので、ぜひ参考にしてください!

Sponsored Link

腰痛の原因とゆがみリセット術

ギックリ腰を引き起こす利き尻【松居直美さん】

内科医の栗原隆先生によるとギックリ腰を引き起こす原因の1つに利き尻が考えられるということ。
利き尻とは骨盤のゆがみによって体重が左右どちらかに偏ってしまうことで、
お尻にも右利きや左利きがあるそうです。

・利き尻を引き起こす座り方

  • 足組座り
  • すべり座り
  • モデル座り

簡単利き尻チェック法

1)イスに座り、両手を広げたまま左右にお尻をスライドさせます。
簡単利き尻チェック法

2)スライドしやすかった方が利き尻になるということです。

腰の痛みの原因はトリガーポイント

栗原隆先生によると利き尻などに左右差がある場合には腰ではない場所に負担がかかっている可能性があり、その場所をトリガーポイントといい、トリガーポイントが腰の痛みの原因になっている可能性があるとのこと。

トリガーポイントとは痛みの引き金となる筋肉のことをいい、腰痛や肩こりの7割は痛む場所と原因となる筋肉が異なっているということ。

ですから、腰とかけ離れたトリガーポイントをほぐすことによって痛みが治ることも多いそうです。

押すだけで腰痛が治る利き尻のトリガーポイント

利き尻の左右差がある方は太ももの内側がトリガーポイントだということ。

1)太ももの両側を触ります。
利き尻のトリガーポイント

2)痛みを感じるところをほぐします。

腰痛の原因は骨のトゲ【榎木孝明さん】

俳優の榎木孝明さんの腰痛の原因は骨棘(こつきょく)という骨のトゲで、椎間板の変形によって骨同士がぶつかって変形して尖ってしまう症状だということ。

長期間のコルセットは腰に悪い?

コルセットを巻いていた榎木孝明さんでしたが、神戸克明先生によるとコルセットは長期間つけているのは逆に腰に悪いそうです^^;
コルセットで一時的に痛みがおさまるものの、筋力が低下するため腰痛の症状が悪化する可能性があるということ。

腹巻などの柔らかく保温効果があるもので腰の血流を良くして腰痛を防ぐのがいいとのこと。

リクライニングチェアでの睡眠は森田豊先生以外は「ダメ」とのことでした。

リクライニングチェアの睡眠によって腰に体重が集中し、負担がかかってしまったため、
腰に骨棘ができてしまった可能性があるとのこと。

寝る前に10秒・寝起きの痛みが消えるダンゴムシポーズ

1)寝転んだ状態でひざを抱え、ダンゴムシのように丸くなります。
ダンゴムシポーズ

2)この状態で10秒キープします。
3)10秒×3回行うとさらに効果アップということです!

このダンゴムシポーズを寝る前に10秒間行うことで足の血流が良くなって快適な寝起きにつながるということです。

腰痛改善3つのトリガーポイント・ゴルフボールテニスボールでほぐす

足の裏

1)親指の付け根を押して痛みを感じる場合、ゆっくりほぐしていきます。
足の裏

2)一人で行う場合は、ゴルフボールにゆっくりと体重をかけて痛みを感じる場所を中心に転がしていきます。
足の裏(1人の場合)

ふくらはぎ

1)ふくらはぎを押して痛みを感じる場合、負担がかかっている証拠だということ。
筋肉を意識してほぐすといいとのこと。
ふくらはぎ

2)一人で行う場合は、横になってテニスボールに体重をかけます。
ふくらはぎ(1人の場合)

おしりの上のくぼみ

1)おしりの上のくぼみに痛みを感じる場合には、
筋肉を内側に押し込むように圧をかけながらほぐすといいそうです。
おしりの上のくぼみ

2)一人で行う場合は、体を少し浮かせてテニスボールを入れて、ゆっくりと体重をかけていきます。
おしりの上のくぼみ(1人の場合)

肩こりの原因とゆがみリセット術

ストレートネック・大切なのは肩甲骨周りの筋肉【安めぐみさん】

ストレートネックは肩こりの原因の1つになるということですが、
安めぐみさんの場合、ストレートネックがさらに悪化して首の骨が反対側にカーブしているということです…

このようなストレートネックの場合では首をひねったりしても効果は薄く、
肩甲骨から伸びる筋肉を鍛えて首を後ろに引く力を取り戻すことが大事だということです。

1)手のひらを合わせたまま腕を上げた状態で5秒間キープします。
手のひらを合わせたまま腕を上げた状態で5秒間キープ

2)数回繰り返します。

ストレートネック改善ペンギン体操

1)腕を後ろに下げて手を逆に拍手するような動作を繰り返します。
ペンギン体操

2)10回繰り返します。

慢性肩こりの原因は背骨のゆがみ【岡田紗佳さん】

岡田紗佳さんの肩こりの原因はS字状に曲がっている背骨のゆがみにあるようです。
身長が170cmもあるうらやまし過ぎるスタイルの岡田紗佳さんですが、その長い足をもてあましてしまうのか、食事やゲーム中、歯磨き中などもかなり姿勢が悪くなってしまっているようです。

慢性肩こり改善イルカ体操

1)両手をつけたまま上に伸ばし、体を左右に曲げていきます。
イルカ体操

2)朝昼晩、左右5秒間を3回行います。

まとめ

肩こりや腰痛って原因がその場所にないかもしれないんですよね^^;
だからいくらその部分をマッサージしても全然良くならなかったりしてしまうんです…
でも押してみたり、ボールを使うことでトリガーポイントが簡単に分かりそうですよね!
テニスボールやゴルフボールって持ってないと時間とともに忘れてしまいがちですが、
1つ持っているとストレッチなどにかなり使えると思いますので、オススメです!

・肩こり腰痛対策の人気記事はこちら

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

トリガーポイント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 医療脱毛池袋【口コミで安いと人気のおすすめレーザークリニック6選】

  • アリシアクリニックで全身脱毛を予約したいけど効果や料金は口コミでどんな評判?

  • 健康カプセルゲンキの時間【春の鼻づまりの原因と解消法】

  • 【口コミで判明】すっきりフルーツ青汁の効果は飲み方で全然変わる【痩せない人必見】

関連記事

  • 世界一受けたい授業【正しい歩き方・後ろ歩き体操と土踏まずのアーチを作る体操 】

  • NHKスペシャル【レプチンやミオスタチン・脂肪と筋肉が出すメッセージ物質がスゴい!】

  • ガッテン【口内フローラを正常にする緑茶うがいのやり方と歯周病菌ジンジバリス】

  • マツコ会議【ハリネズミ美容鍼で小顔に!ほうれい線も!】

  • 健康カプセルゲンキの時間【納豆とヨーグルトのもったいない食べ方と最強トッピング 】

  • 世界一受けたい授業【皮膚ガス対策と体臭予防にシジミ味噌汁! 】