1. TOP
  2. その原因、Xにあり【顔のむくみ改善エクササイズ・ウンパニ体操のやり方】

その原因、Xにあり【顔のむくみ改善エクササイズ・ウンパニ体操のやり方】

 2017/01/28 美容・健康
この記事は約 3 分で読めます。 912 Views
顔の表情筋を鍛えるウンパニ体操

乾燥する季節だから水分をたっぷりとってうるおしてあげたいけど、むくみが気になる…という方って多いのではないでしょうか?
でも実は顔のむくみの原因は日本語にもあるってご存知でしたか?
「顔のむくみの原因が日本語ってどういうこと?」と思われた方はぜひ読み進めていってください。
もちろん、顔のむくみの原因を改善するエクササイズ「ウンパニ体操」も紹介しています!

Sponsored Link

顔のむくみの原因は日本語にあり!?

顔のむくみの原因は日本語にあり
リンパ浮腫研究所所長の佐藤佳代子先生によると、顔の取れない原因は日本語にもあるということ。

たしかに日本語は顔の表情をあまり使わなくても話せてしまう言語ですよね。

でも佐藤佳代子先生によると、顔のむくみを改善するために大切なのは表情筋にあり、表情筋を動かして静脈を押すことによって血流が良くなり、水分が回収されるそうなのです。

ウンパニ体操は顔のむくみ改善エクササイズ

早稲田大学人間総合研究センターの菅原徹先生によると顔のむくみを改善するエクササイズとしてオススメなのはウンパニ体操だということ。
ウンパニ体操とは名前の通り、ウ・ン・パ・ニと言いながら表情筋を効果的に動かすことができるエクササイズなのですが、ウンパニという表情を加えることで、普段あまり使わない筋肉を鍛えることができるそうです。

そして、この「普段あまり使わない筋肉=表情筋を鍛える」ということこそ、顔のむくみを改善できる効果が期待できるということですね!

ウンパニ体操のやり方

1)準備として顔に両手を添えます。
ウンパニ体操のやり方1
2)「うー」と言いながら口をとがらせます。
ウンパニ体操のやり方2
3)「んー」と言いながら顔を真ん中に寄せます。
ウンパニ体操のやり方3
4)「ぱっ」と顔の緊張を一気に解放してあげます。
ウンパニ体操のやり方4
5)「にー」と言いながら頬を持ち上げます。
ウンパニ体操のやり方5

これを20回3セット繰り返すのですが、
朝の3分でできるエクササイズなんだそうです。
(1セットごと5分インターバルを取って、顔の筋肉を休ませてください。)

ウンパニ体操で顔のむくみは改善したのか?

・繁田愛子さん(31歳)むくみやすい箇所=まぶた
・柿並明香さん(33歳)むくみやすい箇所=まぶた・ほほ
・キーリーとき子さん(66歳)むくみやすい箇所=まぶた・ほほ

3名ともウンパニ体操によって顔がすっきりされた印象でしたが、
体積を調べてみるとウンパニ体操前と後でこんなに違いが!
体積を調べてみると

まとめ

顔のむくみの原因が表情筋にあるということはなんとなく知っていた方も多いかもしれませんが、日本語自体が表情筋を使いにくい言語だということに気づくとやっぱり自分から進んでエクササイズをしなければいけないのかなって思いますよね。
このウンパニ体操は朝のたった3分でできるのでなるべく家族に見つからない時間を見つけて頑張りたいですね!

足のむくみについてはこちら
足のむくみ対策・巻き肩改善ストレッチ

人気記事

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

ミセスラボの注目記事を受け取ろう

顔の表情筋を鍛えるウンパニ体操

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミセスラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミセスラボ編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • この差って何ですか?【肌ツヤが良い人と良くない人の差・最強食材とんかつとこんにゃくレシピ!】

  • 全身脱毛【横浜で安いサロンと医療クリニック・メンズ脱毛を口コミを交えてご紹介】

  • 札幌で全身脱毛【サロンや医療脱毛で安いと口コミで人気なのは?】

  • 全身脱毛が新宿で安いサロン【口コミ人気10選★】

関連記事

  • たけしのみんなの家庭の医学【熱中症対策・予防に梅昆布茶】

  • この差って何ですか?【骨盤ゆらゆら体操で腰痛の原因・骨盤の歪みを矯正!】

  • 温活の効果はダイエットだけじゃない!【HSP入浴法がバイキングでも話題】

  • 健康カプセルゲンキの時間【病気にならない食べ方】酢ショウガソーダの作り方と食事選びの指標

  • 健康カプセルゲンキの時間【革命的ストレッチ!ゆらコロぐるで肩こり腰痛改善! 】

  • 林先生が驚く初耳学【幼児教育は英語より思考力を伸ばすべき】